FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

種明かしシリーズ233 輪ゴムの瞬間移動④

第233回目のマジックは輪ゴムを使ったマジックの『輪ゴムの瞬間移動④』です。左手に持った輪ゴムに右の人差し指を差し込みます。引っ張っても外れないこの輪ゴムに「ワン、ツーのスリー!」と気合を掛けると、人差し指から中指に瞬間移動します。この方法で中指から薬指、薬指から小指、小指から親指へと次々に瞬間移動させるという不思議なマジックです。どのようにして瞬間移動させるのか?それは動画を見てのお楽しみです。

Youtube=https://youtu.be/jzlVDJdk1_o
スポンサーサイト
  1. 2019/04/21(日) 07:32:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世

 Tさんが『金曜ロードSHOW!』を見てきたとか。 

 私 「今日は何を放送やってたん?」
 客T「漫画家のモンキー・パンチの追悼番組を放送しててん」
 私 「ほう、そう」
 客T「モンキー・パンチ、亡くなったなあ」
 私 「モンキー・パンチ?ラビット・パンチやったら知ってるけどな」
 客T「それ、ボクシングで相手の首の後を故意に打つ反則のパンチや。モンキー・パンチはルパン三世の作者や」
 私 「ああルパン三世の作者かいな、知ってるわ。それでワーツーパンチ死んだんかいな」
 客T「モンキー・パンチや。萩原健一も内田裕也もデストロイヤー も死んだなあ」
 私 「ケーシー高峰も死んだなあ」
 客T「マスターもそろそろやなあ。マスターが逝ったら俺がママの面倒を見たるで」
 私 「Tさんに面倒見てもらうんやったら死んだほうがましやて、ママに言われるで」
 客T「俺、ママの大ファンやから死なれたら困るわ」
 私 「ほんだら俺を大事にせんなアカンで」
 客T「ホンマかいな。複雑な気分やわ」

 謎かけ:ルパン三世とかけて、 冷凍食品を電子レンジで加熱すると解く。どちらも(怪盗・解です凍)
  1. 2019/04/20(土) 06:25:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛情

 初顔合わせの常連で年配客Tさんと50代の男性客Nさんが会話を始めた。

 客T「キミは初めて見る顔やなあ」
 客N「3回目ですけど…。家が遠いので時々しか来られません」
 私 「N君は岸和田やねん。そやからTさんと違(チゴ)て、顔には無(ナ)キシワダ」
 客N「いえいえ、シワはありますよ」
 私 「ダジャレやで」
 客T「兄ちゃん、気を付けや。ここのマスターは時々ダジャレを挟むからな」
 客N「はあ、そうですか。ところで先輩の家は遠いんですか?」
 客T「遠うないで」
 私 「とぉあるで。戸が無かったら泥棒が入るやん」
 客T「戸の有る無しと違う。遠い近いの話をしてるんや」
 客N「遠くないって事は、歩いて来るんですか?」
 私 「長老やから車で送り迎えをしてもろてんねん」
 客N「へえ、立派な方なんですね」
 私 「立派な事、あれへんがな。送り迎えの車は霊柩車や」
 客T「そうや、いつ死んでもエエようにな!」
 客E「またまた…。先輩も冗談がお好きですね」
 私 「冗談は顔だけにしときや」
 客T「剣道で得意なんは上段の構えや」
 客E「先輩も面白いですね」
 私 「TさんはNBAのバスケットボールの神様や」
 客E「えっ、どういう事ですか?」
 私 「バスケットボールの神様と言えばマイケル・ジョーダンや。Tさんのダジャレもマぁイケル・冗談」
 客E「マスターは時々ダジャレを挟むと言うよりも、しょっちゅう挟みますね」
 私 「冗談を言うのはお客さんへの愛ジョウダン」
 客T「そんな愛情はいらんわ!」

 謎かけ:愛情とかけて、自分を大切にすると解く。どちらも(慈愛・自愛)です
  1. 2019/04/19(金) 05:08:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慕嬢詩 『花のにおい』

窓の外を 仰ぎ見れば
雲一つない 青空が広がる
清々しい 感じになるけれど
急に冷え込み 寒さが逆戻り
ぬくさと寒さが 行ったり来たり
出ていく服を 選(ヨ)るのに戸惑う  
春の陽気とは まだ言いがたい
未だ肌寒い 四月の昼下がり
街を歩けば かすかに漂う
ジンチョウゲのにおい 爽やかに切ない
息を吸い込めば 冷ややかで甘い
花が好きだった 娘を偲ぶ


桜が咲けば 君が目に浮かび
一緒に見たかったと 思いがよぎる 
晴れ晴れしい 春の訪れと
乗り越えられぬ 死別の悲しみ
苦楽の間を 行ったり来たり
それが人生 私の生きる道
持ち返したとは まだ言いがたい
未だうす寒い 四月の夕まぐれ
川のほとりに ほんのり漂う
ユキヤナギのにおい ほのかでもキツイ
息を吸い込めば 穏やかで甘い
遠い昔の 記憶をくすぐる

※慕嬢詩(ボジョウシ)=亡くした娘を慕う気持を綴った詩・文。私の創作語。
  1. 2019/04/18(木) 05:31:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンツ

 Tさんがさわやかな顔をして来店。

 私 「スッキリした顔してるなあ」
 客E「ああ、お風呂に入ってきてん」
 私 「ちゃんとパンツは穿き替えてるか?」
 客E「当たり前やがな。穿き替えへんかったら気持ち悪いわ」
 私 「パンツはTバックか?」
 客E「何でやねん。トランクスや」
 私 「ワコールの?」
 客E「ワコールは女物や」
 私 「ほんだら玉出?」
 客E「玉出は激安の食品スーパーや。しやけどそのギャグ、時々出るなア」
 私 「玉出だけにタマに出るねん」

 謎かけ:パンツとかけて、ルンバと解く。どちらも、いつも(穿き・掃き)ます
  1. 2019/04/17(水) 06:27:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ