FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

慕嬢詩 『雨音』

雨がポツポツ 落ちてきて
庭の草花 嬉しがらせる
耳をすませば 心にひびき
力が抜けて 気持ちが和む
うつらうつらと 意識が薄れ
静かで深い 眠りに落ちる

雨がシクシク 泣いている
天国の娘 寂しいのかい 
今すぐにでも 駆けつけたいが
今のところは 何もできない
でもそのうちに 会いに行くから
その時は思いきり 甘えておくれ

雨がシトシト 囁いて
心に安らぎ 与えてくれる
哀しいことや やるせないこと
すべて消え去り 穏やかになる
ムンムンとした 暑さやわらぎ
たまには雨も 良いものである

雨がザンザン 篠を突く
灰色の空 降りしきる雨
街の騒音 巷の雑音
すべてかき消し 気を取り直し
娘との死別 喪失感の
心の傷を 癒やしてくれる

雨がトントン叩いてる
小気味のよい リズムを刻み
音楽好きの 心が躍る
もし天国で 巡り会えたら
共感し合う メロディ選び
父娘でしよう 水入らずでデュオ

※篠(シノ)を突く=篠竹を突き立てるように雨の勢いが強く激しいさま。
※慕嬢詩(ボジョウシ)=亡くした娘を慕う気持を綴った詩・文。私の創作語。
スポンサーサイト
  1. 2019/06/16(日) 06:27:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

警察官

 店は暇で3時間もTさんと会話をしていたら話題も途切れて一瞬沈黙の時間が流れた。

 客T「マスター、何か唄(ウト)うてや」
 私 「何で唄わんなアカンねん」
 客T「静かでお通夜みたいや」
 私 「それもおつやなあ」
 客T「ダジャレを言うてる場合と違うで。景気づけに唄(ウト)うてや」
 私 「そんなん言うんやったら、Tさんが唄いや」
 客T「俺が唄(ウト)うたら警察が来るやん」
 私 「ああ、Tさんが唄(ウト)うてて警察が来なあ。Tさんにリクエストした俺がケイソツやった」
 客T「ダジャレかい!」
 私 「あれは深夜の1時やったなあ。Tさんが唄(ウト)うてたら近所から通報があったと来たなア」
 客T「それも2人も。あの時はビックリしたわ」
 私 「ポリさんに注意されて、頭をポリポリかいてたなあ」
 客T「ポリさん2人やからポリ、ポリかいな。面白ないわ」
 私 「ポリスマン」
 客T「ポリスマン?」
 私 「警察官は英語でポリスマン。ポリのダジャレでシラケさせたのでポリ、スマンと謝ったんや」
 客T「余計、シラケるわ」

 謎かけ:警察官とかけて、紙幣と解く。どちらも(サツ・札)と呼ばれることもあります
  1. 2019/06/15(土) 06:20:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタル

 近所の菅原神社では毎年6月の中旬に、日本庭園でホタル観賞会を2日間にわたって開かれる。ゲンジボタルとヘイケボタル、およそ八百匹から千匹が闇の中で光の乱舞を繰り広げ、都会の中で自然のロマンが楽しめる。

 私 「菅原神社のホタル観賞会、行ったことがあるか?」
 客S「1回、どんなんかなあと思て行ったけどホタルが少なかったわ」
 私 「そうか?昔、俺が行った時はかなりいてたけどな」
 客S「ホタル、最近は少ななったらしいで」
 私 「そんなこと無いやろ。逆に増えてるで」
 客S「それ、どこやのん?」
 私 「この辺や。アパとか東横インとか、くれたけイン」
 客S「それはホタルと違う、ホテルや」
 私 「勘違いか。俺、顔がホタルわ」
 客S「それはホテルやろ」
 私 「ああ、そうやったなあ」
 客S「以前、ホタルは田舎ではぎょうさん居てたわ」
 私 「Tさんの田舎は電灯がなかったんと違うか」
 客S「あったわ。何で?」
 私 「蛍の光を電灯の代わりにしてたんやろ」
 客S「1年中蛍はいてない。ちゃんと電灯はあったわ」
 私 「そうかいな。電灯は伝統的にあったんや」
 客S「大けさな言い方やなあ」
 私 「電灯が壊れたらアクシデントウて言うんやなあ」
 客S「またダジャレかいな。そろそろ店を閉めよか」
 私 「蛍の話で始まったから、蛍で〆よか。蛍の光~、窓の雪~」

 謎かけ:ホタルとかけて、私の商売と解く。どちらも尻に火がついてます
  1. 2019/06/14(金) 06:26:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千昌夫

 お客のKさんが千昌夫の“北国の春”を唄った。

 私 「北国の春、上手やね」
 客K「ええ、そうか」
 私 「千昌夫より上手やわ」
 客K「えっ、ホンマ?マスターが」
 私 「突っ込みなや、仕事で言うてるんやから」
 客K「なんや、営業トークかいな」
 私 「歌は千昌夫には及べへんけど、私生活では負けず劣らずやで」
 客K「どういう意味や?」
 私 「千昌夫みたいに、多額の借金で、健真っ青!」
 客K「真っ青になるほど、ぎょうさん借金はしてないわ」
 私 「すんまセン、マサオ」

 謎かけ:千昌夫とかけて、日本の調査捕鯨と解く。どちらもシェパードが関係していてました
  1. 2019/06/12(水) 05:48:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イカ

 客F「この間、近所のスーパーで万引き犯が捕まってたで」
 私 「Fさんか?」
 客F「何で俺がやねん。そんなんやってたらココでは喋れへん」
 私 「あ、そうか」
 客F「その万引き犯、聞くところによると常習犯やて」
 私 「イカみたいな人間やねんなあ」
 客F「イカ?」
 私 「イカは足が多いから足を洗うのが大変やん。その万引き犯も足を洗うのが大変やん」
 客F「ダシャレかいな」
 私 「イカにも」
 客F「連発やなあ」
 私 「イカの足はダイエットに向いてるのん知ってた?」
 客F「いや、聞いたこと無いで」
 私 「イカの足だけにゲソっと痩せる」
 客F「またまたダジャレ」
 私 「イカは掃除が得意て知ってた?」
 客F「どうせ、スミズミまで掃く、て言いたいんやろ」
 私 「読まれてしもたか」
 客F「長い事付き合(オ)うてたら、マスターの言いたいのんは分かるわ」
 私 「何でイカの塩辛が出来るか、知ってるか?」
 客F「う~ん、ダジャレが浮かんでけーへんわ」
 私 「長い間、海に浸かってたからや」
 客F「それやったら、海で獲れるもん全部塩辛やん。このイカのギャクはイカんで」
 私 「イカんか。ダジャレの達人として、イカン(遺憾)に存じます」

 謎かけ:イカとかけて、野球の打順と解く。どちらも(吸盤・九番)もありますよ
  1. 2019/06/11(火) 03:22:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ