ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

七夕

 知り合いのブログで知りましたが、今日は七夕だったんですね。歳をいくと浮世離れしてしまい、祭日や行事を忘れてしまいますわ。
 毎週日曜日は用事や買い物や店の仕入れをするのでタナバタではなく、バタバタしてます。
 それと、妻が高島屋のポイントがだいぶ貯まったからと、私にスタンドカラーのシャツを買ってくれた。
 思いもよらない妻からのプレゼント、これをタナバタ…ではタナボタ(棚から牡丹餅)、っていうんですかねえ。
 そういえば今日のルーキー藤波が勝利した阪神対広島戦、球界のエース・前田健太と好打者・鳥谷敬の投打対決で鳥谷がホームラン。「勝っタナ、バッター!」と思いました。

 一句:短冊に 願いを込めた 幼少時 
 謎かけ:七夕とかけて、世界のトヨタと解く。どちらも(仙台・先代)が立派です
スポンサーサイト
  1. 2013/07/08(月) 03:25:46|
  2. ダジャレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪臭

 一昨日放送していた『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』の録画を見ていたら“悪臭ファイター”と言う25歳の女性が取り上げられた。
 彼女は悪臭と闘うから悪臭ファイターで、臭気判定士の国家資格を持っている。仕事は様々な匂いをかぎ分けて悪臭を調査をする。
 この日は中華料理店の地階客室の悪臭の発生源を突きとめる依頼だった。彼女は天井裏を覗いて「アミン臭がします」と言った。
 私「アミンて“待つわ”の歌手の匂いかな?」
 妻「そのアミンと違う。『小動物のオシッコの臭いのような』て言うてるやん」
 私「天井裏はネズミなんかの死骸もあるやろなあ」
 妻「私、気持ち悪いから天井裏はよう見んわ」
 私「死骸を処理して値切られたら、シガイがないなあ」
 妻「死骸を処理してもろたら助かるので、値切れへんで」 
 私「悪臭の発生源が分かった時、思わず依頼主とアクシュウ(握手)するやろなあ」
 妻「彼女は仕事やねんからそんなんでイチイチ握手はせーへんで」
 私「悪臭の元を絶ったら、依頼主はアクシュウ(拍手)喝采やろな」
 妻「何でも直ぐにヘタなダジャレを言うアンタの悪習には閉口するわ」
 仕事は応急処置をしてから脱臭や消臭の方法を提案して終了。
 私「消臭に力を発揮するプロレスラーを知ってるわ」
 妻「一体、誰やの?」
 私「しょうしゅう・りき(長州力)!」
 妻「もうエエワ!」

 一句:悪臭は 今すぐ絶ちたい 店の中 
 謎かけ:悪臭とかけて、地球と解く。どちらも(わ、くせえ・惑星)です
  1. 2012/11/12(月) 05:36:44|
  2. ダジャレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絢香

 年配客のK子さんが絢香の『三日月』を唄った。

 私 「絢香の歌を唄えるなんて凄いね、絢香、好きか?」
 客K「歌が上手いから好きよ。絢香の歌を唄えたら上手に思われるでしょ」
 私 「絢香にアヤカりたいんかいな」
 客K「そうよ」
 私 「それにしても難しい曲をよう覚えたね」
 客K「クラシックのアリアに似てるからかなあ」
 私 「クラシック、好きか?」
 客K「クラシックは好きよ。この三日月はアリアに似てるけど、真似たのかなあ」
 私 「そんな事アリア」
 客K「面白くない駄洒落ばっかりね」
 私 「アリァ~。駄洒落アカンか?」
 客K「イマイチね。絢香で何か言ってよ」
 私 「今は昼間ではなく、・・・あ、やかん」
 客K「はいはい、期待して損したわ」

 一句:年配に 絢香の曲は 難しい
 謎かけ:絢香とかけて、氷と塩を入れたフラスコと湯を入れたビーカーを使う理科の実験と解く。どちらも(詞も・霜)作ります
  1. 2012/11/10(土) 05:52:23|
  2. ダジャレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0