ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

自慢の甥っ子


jun
 先月、次兄の元奥さんから『淳ちゃんが家庭画報の9月号に載っています。見てやって下さい』とのメールがあった。
 淳ちゃんとは私の甥っ子で、20年ほど前に次兄夫婦が別れてから会っていない。だが次兄の元奥さんとは数年前に身内の法事で会って以来時々連絡を取っている。
 早速、家庭画報を買って読んだ。記事は『宝塚歌劇団100周年記念企画 第2弾』の中で、淳が宝塚歌劇団の衣裳デザイナーとしてインタビューを受けている内容だった。
 その時には私の妻は入院中で教えていなかったのだが、昨日、たまたま宝塚の話が出たので妻に家庭画報を見せると「凄いやん。自慢の甥っ子やね」と感心した。
 話が出たついでに『有村淳』でネット検索をすると宝塚関連でかなり沢山出てきた。しかも検索ページの上下に表示される絞込み検索でも『有村淳 衣装』『有村淳 専門学校』『有村淳 高橋大輔』と3タイトルもあった。特にフィギュアスケートの高橋大輔選手の衣装も手掛けていたのには驚いた。
 YouTubeでインタビュー映像があったので、暇があれば見てやって下さい。
 『タカラヅカ花組図鑑 #5 有村淳』
スポンサーサイト
  1. 2013/09/09(月) 06:59:55|
  2. うれしい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喉が復調

 1月の20日頃に風邪をひいて、咳がひどく喉の調子が悪くなった。その風邪が治らないうちに持病のスギ花粉症が発症。
 その内に風邪がぶり返したりヒノキ花粉症になったりで喉の不調は長引き2カ月半以上も耳鼻科に通った。こんな経験は初めてだ。
 しゃべり声はダミ声になり、唄えばかすれてロクに声は出ず、1月の末から3月にかけてはお客さんのリクエストに応えられる状況ではなかった。
 3月の下旬から少しマシになり暫く断ってきたリクエストも受けるようになったが、低音部はどうにか声が出るが中音部から高音部になるとかすれて声が出にくい。
 4月に入っても治る気配がなく「ひっとしたらこのまま、元の声に戻らないのでは?」「もう『特技・カラオケ』の看板を外さんなアカンのかな」と不安に駆られた。
 なかなか痰の絡みや後鼻漏(コウビロウ・鼻水が喉に流れてくる症状)が改善されないので1か月ほど前に病院を代えて違う薬をもらって飲み続けている。
そして今日、お客さんのリクエストで歌を唄ったら全体的に無理なく声が出て、以前の喉に95%ほどまでに復調、悶々としていた気分が吹っ切れた。

 一句:長かった 喉が復調 安堵する
 謎かけ:喉が復調とかけて、お勧めの蒲鉾(カマボコ)と解く。どちらも(気分・紀文)がイイ
  1. 2013/05/05(日) 03:31:30|
  2. うれしい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンク修理

 先日、妻の自転車を買った。店の前のお客様用駐輪スペースを確保する為に、2台あった私の自転車の内の1台をお客さんにやることにした。
 その自転車は長い間乗っていなかったので空気が抜けていた。2本のタイヤの空気を入れて1日置いたら後輪の空気が抜けていたのできっとパンクだ。
 今までパンクすると近くの自転車屋で修理していたが、たまたま百均でパンク修理セットを見つけたので練習がてらに自分ですることにした。
 初めての経験で自信がなかったが、文字の小さな説明書とにらめっこしながら40分かけて修理をした。
 翌日、空気が抜けていないか不安に思いながらタイヤを指で押さえると、私に自信を与えるようにまだパンパンで硬い。
 うん?パンパンで硬い?羨ましくて響きのよい言葉だ。
 試しに10分くらい近辺を乗ったが、初めてのパンク修理が上手くいった喜びも手伝って、全身で受ける春の風が快適だった。

 一句:自転車の パンク修理で 颯爽と
 謎かけ:パンク修理とかけて、部屋の換気と解く。どちらも空気を入れたり出したりします
  1. 2013/04/01(月) 00:52:58|
  2. うれしい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0