ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

晦日イブ

 あ~、ようやく終った。4時半にお客さんが途切れた。片付けをして帰宅したら5時過ぎになった。
 それからブログを書こうとパソコンの画面とにらめっこをするが、なかなか文章が浮かんでこない。
 1年間の疲れがどっと出てきたのか、何度も転寝をしてキーボードを打つ手がずっと止まったままだったが、小一時間が過ぎて徐々に脳ミソが覚醒してきた。
 12月30日は晦日イブという事で、お客さんに1日早い晦日ソバを振る舞うのが当店の恒例になっている。
晦日ソバといっても本格的なソバではなく日清のどん兵衛だが、みんなでワイワイと言いながら食べると結構美味しくいただける。
それを目的にお客さんが集まるので、普段すれ違いの人も今日は久しぶりに顔を合わせて会話が弾み楽しい晦日イブになった。

 一句:晦日イブ みんなで仲良く ソバを食う
 謎かけ:晦日イブとかけて、新婚さんと解く。どちらも、いつも(蕎麦・そば)がいいですね
スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 07:39:03|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一杯のビア

 お客のYさんがビールを注文。彼のグラスにビールを注ぐと…

 客Y「マスターも一杯飲みや」とYさんがビール瓶を持った。
 私 「えっ、エエのん?俺、弱いからなあ…」とビアグラスがあるバック棚の扉に手をかけた。
 客Y「いつも飲んでるのに、取ってつけたみたいやなあ」
 私 「この扉、前から取っ手は付いてるで」
 私 「「ほんだらこれで…」とアイスペールを出した。
 客Y「これ大きすぎて、ビールがいっぺんに空になるやん」
 私 「一杯飲みやて言うたやろ。腹一杯の事やろ?」
 客Y「腹一杯と違う。コップ一杯やがな」

 一句:風呂上り 一杯のビールは 格別や
 謎かけ:一杯のビアとかけて、警察官の休みの日と解く。どちらも(至福・私服)の時です
  1. 2014/08/10(日) 04:34:30|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き氷開発秘話

 焼き氷を作るにあたってネットで調べると2つの作り方があったが、まず大阪の喫茶店が開発した方法を試した。
 『かき氷にカラメルソースをかけ、刻んだイチゴやパイナップルなどの果物を乗せる。その上にアイスクリームを乗せ、食べる直前に酒をかけて火をつける』
 イチゴやパインは他に使い道がないので冷凍のブルーベリーを採用、カラメルソースは自作、酒はブランデーを使用して試作。
 1回目はブランデーがアイスクリームに染み込み火は全く点かなかったので、アルコールが乗りやすい様にと砂糖をまぶして点火したがこれもダメだった。
 それではとNHKのごちそうさんの作り方を見ると、『梅シロップとかき氷を2段重ねにして、コーヒーシロップとメレンゲをオン。その上からブランデーをかけて着火』と記している。
 手間のかかるメレンゲの作り方をネットで調べると、その都度作らなくてはならないので接客に支障をきたす。
 「メレンゲに代わるモノ」や「梅シロップに代わるモノ」を考え抜いた末に「メレンゲの代わりに寒天ゼリー」「梅シロップの代わりにカクテル用のグレナデンを代用」して試作をした。
 冷凍保存のきく寒天ゼリーは混合濃度が難しく、色々と試してかき氷に乗せやすい様に薄い皿に流し込み冷凍にした。
 翌日、かき氷を作りその上に冷凍寒天ゼリーを乗せるもうまく乗らない。普通のかき氷の様に山の形にすると寒天が割れアルコールがアイスに染み込み、かき氷をフラットにすると少しだけ火が点いたがイメージには程遠い。
 そこでアルコールは40度のブランデーだけでは火が点きにくいからと、96度で世界最強のウォッカと言われるスピルタスを買って来てブレンドをした。
 それで試作をしたが約80%がアイスに染み込み火はすぐに消えた。失敗するたびに試食していたらきついアルコールで酔いが回ってくる始末。
 かき氷販売を反対する嫁さんの鼻を明かす為にはどうしても商品化にこぎつけたい。早く完成させないと売るタイミングを逃してしまう。焦る気持ちの中、イザと言う時の為にメレンゲを作る泡だて器を買って準備をした。
 ただ、メレンゲは出来るだけ使いたくないので、最後の望みで寒天ゼリーを分厚くして砂糖も数倍多くまぶして試作したら、不安を払しょくする様に火はメラメラと燃えた。
 私は「やったー、完成や!」と喜んだ。がしかし、ガラスの器を使っていたので割れてしまった。
 そして瀬戸物のマグカップとお皿を買って試したらイメージ通りの焼き氷が出来上がった。
 私は9回の裏サヨナラ満塁逆転ホームランを打った気分になり、焼き氷を口にすると苦労しただけあって格別に美味しかった。

 一句:開発中 試行錯誤の 連続だ
 謎かけ:焼き氷開発秘話とかけて、人気投手の完封勝利が間近と解く。どちらも、その先には(完成・歓声)があります
  1. 2014/07/29(火) 05:55:34|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き氷

a-yakiko07.jpg
焼き氷の動画 https://www.youtube.com/watch?v=r8T9XliaBGE
 1か月前に妻の反対を押し切って氷かき器を買ったが、普通のメニューでは自分らしくないので「何か面白いネタが無いかな」と思いながらも呑気に構えて、まだ店では使用していなかった。
 妻は「使わへんのに買(コ)うて」「かき氷なんか誰も注文はせーへんで」「シーズンが終わってしまうで」などとプレッシャーをかけられる中、先日たまたまテレビで「焼き氷」の報道を見た。
 「これや!」とピンときた私は早速ネットで「焼き氷」を調べた。それによると、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に登場して話題になった事や、明治時代後期頃に東京や大阪で食べられていた幻の氷菓と書かれていた。
 ネットにあるレシピを参考に約2週間、試行錯誤しながら当店風にアレンジして制作したのが動画の「焼き氷」です。
 明日から「焼き氷」と共にかき氷の定番メニューやフラッペ(カクテル)を当店で出します。お客さんに喜んでもらえるかな?。

 一句:人気に火がつくか気になる 焼き氷
 謎かけ:焼き氷とかけて、照明器具と解く。どちらも(火・灯)がともります
  1. 2014/07/28(月) 00:57:04|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心残り

 今日は給料日前の木曜日、ヒマだろうなと思いながらノートパソコンを開いてインターネットをしていたら若い男性2人が入ってきた。
 黒っぽいスーツ姿に鞄を持っていたので、サラ金の借金取り…ではなく何かの営業に来たのかなあと思っていたら「ミクシィ友達の○○です」と言った。
 1人は東京、1人は兵庫県から遠路はるばる堺の田舎くんだりまで足を運んでくれた。有り難い事です。
 東京と兵庫の2人の接点を尋ねると、どちらも「NHKのど自慢」の出演仲間で8年ほど前から交流しているとか。
 実は私ものど自慢を通じて8年前からミクシィ友達になっているが、顔を合わせるのは今日が初めてだった。
 ダジャレを交えて会話が弾み、これからスナック芸を披露しようと思った時にバタバタとお客さんが入ってきたので、簡単なスナック芸を一つしか披露出来なかった。
 帰路の電車の都合もあり彼らは2時間近くで帰ったが、もっとビックリするようなスナック芸を披露出来なかったのが心残りだ。
 ただ、彼らは1曲ずつカラオケ採点機に挑戦して、それぞれ「90点」と「93点」を出したので、来月、インターネットで番付表を見られると喜んでくれたのが救いになった。

 一句:珍客に 心残りの おもてなし
 謎かけ:心残りとかけて、ウバメガシと解く。どちらも(木が重い・気が重い)です
  1. 2014/05/23(金) 06:35:47|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ