ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

人質事件

 店ではイスラム国に誘拐された後藤健二さんの事件が時々話題にのぼる。

 客I「後藤さん、もう解放されたかなあ?」
 客W「どうやろなあ?期限をコロコロ変えてるからなあ」
 私 「期限だけに、こちら側の対応に不満を持ち、キゲンが悪なったんやで」
 客W「出ました。一発目のダジャレ」
 客I「それにしても後藤さん、湯川さんを救出するて、勇敢やなあ」
 私 「後藤さんは勇敢な行為を、夕刊に載せるつもりやったんやで」
 客W「二発目!」
 客I「仲介を要請した国、何処やったかなあ」
 私 「フランスの有名なデザイナーと一緒の名前やったわ」
 客I「えっ?」
 私 「ピエール・ヨルダン!」
 客W「国の名前はヨルダンやけど、デザイナーはカルダンや」
 私 「あ、そうやった。首都がブタマン」
 客W「首都はアンマンや」
 客I「ヨルダンは自国のパイロット解放を優先してるんやろ?」
 客W「ヨルダンは親日国で日本からODAで沢山援助してもろてるから、後藤さんも気になるし悩むやろなあ」
 私 「9と10の選択やなあ」
 客W「ハイハイ、苦渋の選択ね」
 客I「最後の要求はヨルダンの時間で29日の日没やなあ」
 私 「日本時間では今日の夜ダン。交渉成立はヨルダンの対応によるダン」
 客W「交渉が成立したらエエのになあ」
 客I「後藤さん、解放されたらあちこちに迷惑かけてるから謝意を述べんなアカンなあ
 私 「特に安倍さんに謝らんな」
 客I「どない言うたらエエのん?」
 私 「アイム・ソーリー、アベ・ソーリー」
 客W「チャン、チャン!」

 謎かけ:人質事件とかけて、諫早湾の水門と解く。どちらも(解放・開放)を求める
スポンサーサイト
  1. 2015/01/30(金) 03:02:56|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人のマナー、賞賛の嵐

 19日付けの朝刊のコラム『産経抄』に興味深い記事が載っていた。
『▼白い割烹着姿の主婦たちが、ほうきで公園を掃いている。昭和39(1964)年の五輪を目前にひかえた東京の雰囲気を伝える写真に、こんな1枚があった。
 ▼外国からのお客さんに、不快な思いをさせてはならない。東京都は五輪の開催地に決まると、「首都美化の推進」を打ち出した。都民に、地域の緑化活動や清掃に参加するように呼びかけ、小学生も登下校時、ごみ拾いに励んだものだ。
 ▼サッカーW杯ブラジル大会の日本-コートジボワール戦後、数百人の日本のサポーターが、ごみ拾いを行って話題になっている。スタンドのごみは、応援で使った「サムライブルー」のポリ袋に入れて帰った。その姿がインターネットで紹介されると、世界中から称賛の声が相次いだ。日本が初出場した1998年のフランスW杯から続いている活動だという。
 ▼「来た時よりも美しく」という標語は、今でも観光地で見かける。日本人の美徳のひとつとして、「美化」はしっかり根付いている。と、言いたいところだが、アルピニストの野口健さんによれば、はしゃいでばかりもいられない。
 ▼野口さんは、昨年世界文化遺産に登録された富士山の清掃活動に、取り組んできた。ボランティアの数も年々増えている。数年前のもくろみでは、昨年中にごみを一掃するはずだった。ところが、周辺の土の下から新たに大量のごみが見つかり、最近では、ごみ拾いより「ごみ掘り」に追われているそうだ。
 ▼2020年の東京五輪に向けて、さらに多くの外国人観光客を迎えることになる。彼らを失望させないために、「お・も・て・な・し」に加えて「お・か・た・づ・け」も徹底したいものだ。』

 ジョーク好きの大阪人のノリならいざ知らず、まさかの展開でブラジルで集めたゴミを全部コートジボワールに送ったりはしないだろう。
 試合に敗れたにも拘らず、その後に取った日本人サポーターのマナーが海外で素晴らしいと評価された。同じ日本人として誇りに思う。
 そう言えば東日本大震災の時も、略奪や強盗が起こってもおかしくない状況でも、思いやりの気持ち、助け合い、譲り合い、冷静な判断、おもてなし、親切、マナーの良さが世界中から賞賛された。
 その一方で、相変わらず道路への空き缶等のポイ捨て、山林へのゴミ捨て、産業廃棄物の投棄など、一部の不逞の輩(フテイノヤカラ)が存在するのも日本である。
 「お・も・て・な・し」をもじって「お・か・た・づ・け」とは上手く言ったものだが、日本人の隅々まで行きとどいてないマナーを危惧したこのコラムに共感した。

 一句:日本人 マナーの良さは 世界一 
 謎かけ:日本人のマナーとかけて、勝てる見込みがある試合と解く。どちらも(賞賛・勝算)があります
  1. 2014/06/20(金) 00:31:02|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猪瀬都知事辞任

 東京都の猪瀬直樹知事が19日、医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取っていた問題で辞職することを表明した。

 客I「テレビの情報番組見てたら猪瀬都知事の事ばっかりやってたわ」
 私 「猪瀬ントワールドやなあ」
 客I「イノセントワールドて一体何や?」
 私 「ミスチルの曲や。イノセントの意味は無実の、潔白な、純潔な、無邪気な、等や」
 客I「それやったら猪瀬都知事と意味が合えへんやん」
 私 「ほんだら逆イノセントワールドやなあ。都知事だけにちょっとトチジましたねえ」
 客I「5000万円を借りて生活費とか選挙資金とか」
 私 「せめて5000円にしといたら良かったのにねえ」
 客I「5000円やったら借りる必要はないわ」
 私 「融資相手が徳する会やけど、結果的に損する会になったなあ」
 客I「徳する会と違(チゴ)て、徳洲会やろ」
 私 「都議会で都議員が追及してる時に目を瞑ってたので瞑想してるんかなあと思てたら、答弁が迷走してたなあ」
 客I「ほんまや。どうせ辞めるんやったら最初から辞めてたら良かったのになあ」
 私 「五輪招致の時は輝いてたけど、もはやゴリンじゅう(ご臨終)やなあ」

 一句:猪瀬知事 答弁尽きて 辞任する
 謎かけ:猪瀬都知事とかけて、去年の夏と解く。どちらも(作家・昨夏)である
  1. 2013/12/20(金) 02:47:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イプシロン打ち上げ成功

 私 「イプシロン、成功したなあ」
 客K「イプシロンて、何?」
 私 「パンシロンと違うで、ロケットの事やで」
 客K「ああ、この間、延期したとか何とか言うてた奴?何でみんな騒ぐの?」
 私 「個体燃料の安全性や安価に優れ、日本のロケット技術の素晴しさを証明したんや」
 客K「固体燃料って何?」
 私 「新聞紙に火をつけて固体燃料入れた七輪をウチワで煽ぐなんて事は無いけど…」
 客K「当たり前やがな。ロケット発射で点火をするのにウチワで扇ぐわけないやろ」
 私 「今までロケットは液体燃料が主流でコストが高いし燃料漏れの心配があったけど、固体燃料は火薬の原料等をゴムに混ぜたモノで燃料漏れの心配が無い日本独自の技術やねん」
 客K「それは凄いね」
 私 「それにノートパソコン2台で操作が出来て管制センターなどの経費削減が出来るので、宇宙ビジネスでは高い競争力を持つのが期待されてるねん」
 客K「日本の技術力が世界に示せたら、他の工業製品の信頼も高まるね」
 私 「信頼性や安定性に掛けては日本は欧米にも劣る事が無い。ホンマ、誇らしげに思うわ」
 客K「日本の科学者もやるなあ。隣の国に自慢できるで」
 私 「宇宙では今も世界が協力して巨大な宇宙ステーションを建造中とか」
 客K「その計画に日本の技術も生かされるんやろ。これも凄いなあ」
 私 「俺もスナック芸の技術を磨いて世界にアピールをせんな。ロケットしてられへんわ」
 客K「それ、ボケットしてられへんわ、やろ」

 一句:ロケットの 成功祝って 打ち上げ会
 謎かけ:イプシロン打ち上げ成功とかけて、日本の冬と解く。どちらも国中(歓喜・寒気)する
  1. 2013/09/15(日) 05:31:17|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国民栄誉賞授与式

 昨日、長嶋茂雄元巨人軍監督と松井秀喜元巨人軍選手の国民栄誉賞授与式が東京ドームで行われた。
 二人はスピーチの後、巨人のユニホームに着替えてファンの前に登場して松井元選手がマウンドに立ち長嶋元監督が打席に立った。そして捕手・原辰徳監督で、球審・安倍首相の演出にスタンドは大歓声に包まれていた。
 長嶋元監督は「ミスタープロ野球」と呼ばれた国民的スーパースターでプロ野球の人気を底上げした功績は大きく国民栄誉賞授与が遅いくらいだった。
 しかし、松井元選手への国民栄誉賞授与に疑問を投げかける人が多い。彼のプロ野球での実績には申し分ないのだが数字で言うならば野村克也氏、落合博満氏、山本浩二氏、張本勲氏の方が上である。メジャーでの活躍を評価するならメジャーへの扉を開いた野茂英雄投手の方が先である。プロ野球界以外にも柔道のオリンピック3連覇の野村忠宏氏やサッカーの三浦知良氏、漫画家の手塚治虫氏、ノーベル賞の山中伸弥氏、映画監督の北野武氏など受賞にふさわしい人が沢山いる。(イチローと福本豊氏は辞退)
 以前、ナベツネが『次の監督は由伸』『松井よりも、イチローこそ巨人軍の監督にふさわしい』と言っていた。そのせいで読売が『松井を次期監督に指名』と盛り上げても松井は背を向けたままだったとか。しかし最近になってナベツネは松井元選手を他球団に渡したくない、メンツにかけて読売に戻したいと思い、政界と球界の大物を使って松井元選手への授与を決めさせた経緯があると聞いた。安倍首相も参議院選に向けての人気取りにW授与は渡りに船なので決定したと思われても仕方がない。
 国民栄誉賞が政治的、私企業の戦略に利用されては該当チーム以外の国民がシラケて喜びも薄れて値打ちのないものになってしまうだろう。

 一句:授与式の 裏を知ったら シラケたわ
 謎かけ:国民栄誉賞授与式とかけて、日本初のスーパーカーと解くと解く。どちらも(ドーム・童夢)で夢を実現
  1. 2013/05/07(火) 03:11:06|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ