ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

高齢ドライバー

 最近、高齢ドライバーによる死亡事故が相次いでいる。

 私 「最近、高齢者の死亡事故が多いね」
 客N「高齢化社会がすすんでるから、もっと増えるで」
 私 「事故の高齢化で『本日の高齢者事故数は…』などとニュースで恒例化するで」
 客N「高齢者は判断力や運動能力は低下するやからなあ」
 私 「判断力を欠いたら自分の能力低下に気づけへん。それで運転するから事故が増えるんやで」
 客N「一番多いのんはブレーキとアクセルの踏み間違いやなあ」
 私 「と言う事はブレーキとアクセル、逆に取り付けたらエエねん」
 客N「余計、危ないわ。因みに年寄りの事故で多いのんは逆行もあるなあ」
 私 「ああ、逆光ね。逆光は被写体が太陽を背にするので、顔が暗く写る事や」
 客N「その逆光と違う。 進むべき方向と反対の方へ進む事や」
 私 「ああ、逆走かいな。それとか、交差点での事故も多いなあ」
 客N「そう言えば茨城県のつくば市では田んぼの中の十字路で、出合い頭事故を起こしたなあ」
 私 「見通しがエエ田んぼの十字路で出会い頭事故て、ガラス張りの壁があるのを知ってながら、うっかりぶつかるみたいなもんやなあ」
 客N「ホンマやなあ。これからの車は自動ブレーキを義務づけて欲しいなあ」
 私 「しやけど年寄りはあと何年乗れるか分からんから新車は買えへんで」
 客N「あ、そうか。ほんだら年寄りには免許を返納せんなアカンなあ」
 私 「年寄りは頑固やから、『ワシはまだいける』と簡単には返納せーへんで」
 客N「やっかいやなあ」
 私 「年金を増やす替わりに免許返納、それやったら返納するで」
 客N「年寄りは孫にお金が掛かるから、孫の為に返納するかもな」

 一句:高齢化 高齢ドライバー 事故多発
 謎かけ:高齢ドライバーとかけて、マグロの最高部位が腐ったと解く。どちらも(トロくさい・トロ臭い)です
スポンサーサイト
  1. 2016/11/19(土) 05:48:54|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパームーン

 11月14日は、お月さんが1948年1月26日以来68年ぶりに地球に最も近づき、かつ満月であるスーパームーンの日だった。

 14日は雨で見られなかったので、15日の深夜、仕事が終わってから妻と夜空を見上げた。月は曇に差し掛かり隠れるかなと思ったが、隠れる事無く明るく輝いていた。

 妻 「さすが、スーパームーンやね。ひと際明るいし大きいから雲に隠れへんなあ」
 私 「俺は借金で雲隠れしたいわ」
 妻 「借金、無いやんか」
 私 「それにしても、大きいなあ」
 妻 「こうしてお月さんをじっくり見るのんは初めてやけど、神秘的やねえ」
 私 「しやけど、うさぎは見えへんなあ」
 妻 「居てる訳ないやん。イイものを見てる時に冗談を言うて、月に代わって、お仕置きよ!」
 私 「セーラームーンかい!」

 一句:スーパームーン 神秘の世界に 引き込まれ
 謎かけ:スーパームーンとかけて、怒ると解く。どちらも(月光・激高)があります
  1. 2016/11/17(木) 04:46:38|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンブレム

 デザイナーの佐野研二郎氏の東京オリンピックのエンブレムが話題になり、話に熱が入った。

 ママ「東京オリンピックのエンブレム、アレ、アカンなあ」
 客A 「ホンマや、盗作したらアカンわ」
 客S 「佐野君を擁護するつもりはないけど、別にアカン事は無いと思うで」
 私 「なんでーな、佐野君はアカン思たから取り下げたやん」
 客S 「これは分母と分子の問題で、分母の民衆がアカンいうから、仕方がなく取り下げたんや」
 ママ「なんでアカン事は無い、と思うのん?」
 客S 「デザインの世界では元のデザインを一寸変えただけで意匠登録が出来る、と俺は思う」
 客A 「何でヒトのデザインを一寸変えただけで意匠登録が出来るねん!それは無いわ」
 客S 「素人の皆んなが知らんだけや」
 私 「仮に素人が知らんかっても、それが当たり前やったらベルギーのデザイナーはプロやからそれを知ってるはずや。そやから訴えへん」
 客S 「俺とこの家のらせん階段、一寸変った色を塗っただけで意匠登録出来た、と家を設計した人が言うてた」
 私 「それは無いわ。何百年前からあって今では一般化したものを、特許庁は受理せーへん」
 客A 「それもそうや」
 私 「これかららせん階段を設置しよ思たら、イチイチその人にデザイン料払わんなアカンのかいな」
 客S 「設計者がそない言うてたもん」
 ママ「その設計者がおかしいわ」
 客S 「とにかくピンポイントで佐野君を責めるから盗作した、て世間が騒ぐねん」
 私 「ピンポイントと違う。最初の1個だけやったらピンポイントやけど後から10個ぐらい盗作と思われる作品が出てきたやん」
 ママ「そうそう、矢印の中に“BEACH”のデザインは完全にパクリやん」
 客A 「それに京都の扇子店のデザインも団扇と扇子をかえただけやん」
 私 「デザイナーとしてのセンスがないから、盗作してウチワ揉めするねん」
 ママ「こんな時にダジャレかいな。水を差して」
 私 「みんなが熱なってきたから、水を差したんや」
 ママ「因みに分母てなんやのん?」
 客S 「多数決で多い方が分母や。分母が正しいて限れへん。戦争がエエ例や」
 客A 「戦争と一緒にしたらアカン!デザインで人が死んだか!」
 ママ「まあまあ、怒って喋りなや」
 私 「仮に分母が間違(マチゴ)うてても多数決は仕方がない。それで決めんな話が前に進めへんし喧嘩にもなる」
 ママ「とにかく意見が色々あるって事や。しやけどS君は変わった考えやなあ」
 私 「S君は“そこまで言って委員会”の田島陽子みたいなもんや」
 客A 「ホンマや、ヒトと違う考えをするとこ、よう似てるわ」
 私 「俺、佐野君に感謝せんなアカンな」
 ママ「何で?」
 私 「みんなが意見が一緒やったら1分で終わってしまう。2時間も話が持ったわ」
 客A 「ホンマやなあ」
 私 「今日は、全く違う考えがあるってことを勉強させてもろたわ」

 一句:五輪より 話題が沸騰 エンブレム
 謎かけ:エンブレムとかけて、オリエントと解く。どちらも(盗用・東洋)です
  1. 2015/09/09(水) 06:45:10|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千佐子

 昨日、自宅の机の引き出しを整理していたら、ちょっと気になる名刺が出てきた。名刺には『共同通信社・社会部・記者○○○』の印刷。「うちの客では無いし…」と思いながら裏面を見ると『矢倉千佐子、探してます』等の手書きのコメントが書いてあった。それを店で話題にした。

 私 「去年の3月頃、共同通信社の記者が来て『この店に矢倉千佐子という女性が来てませんか?』て尋ねてん」
 客A「何でタイガース(当店)に来たん?」
 私 「その女性は阪神ファンで、『ターガースに関連した店によう飲みに行くから』て言うてたわ」
 客A「それで、その女性はこの店に来てたんか?」
 私 「いや、来てない。そない言うたら『もし来たら連絡して下さい』言うて名刺を置いていってん」
 客A「その女性は、それから来たんか?」
 私 「来てない。それで昨日たまたま机を整理した時にこの名刺を見つけたんやけど、『矢倉千佐子て聞いた事があるわ』と思てん」
 客A「矢倉千佐子て知り合いやったんか?」
 私 「それ、筧千佐子やってん。まだ話題になってない頃やったから気が付けへんかったんや」
 客A「あ、そうか。そういえば筧千佐子の前の名前は矢倉やったなあ」
 私 「そやねん。昨日名刺見て初めて気がついてん」
 客A「なにか、因縁があったんやなあ」
 私 「この店に来てたら、俺、引っかかってたかもしれんな」
 客A「マスターは結婚してるから、引っかけへんわ」
 私 「Aさんは一人モンやから、引っかかってたかもな」
 客A「あのオバはんは事前に下調べしよる。お金持ってるモンしか狙えへん」
 私 「Aさんはお金を持ってないから引っかかれへんなあ」
 客A「お金に対する嗅覚が鋭い」
 私 「九画か。俺の名前は“正”やから五画やから大丈夫やわ」
 客A「画数の九画と違う。匂いを嗅ぐの嗅覚や」
 私 「そうかいな。とにかく俺は独身やったとしても財産が無いから大丈夫やわ。筧千佐子、いつでも店においでや」
 客A「今、刑務所に入ってるるから、来(ケ)-へんわ」
 私 「千佐子みたいなんを後妻業て言うんやてなあ」
 客A「そんなんが職業になったら怖いなあ」
 私 「黒川博行と言う作家が“後妻業”という本を書いたんやけど、内容が似てるねん」
 客A「どんな内容か知らんけど、シチューにヒ素を入れたりするんかな?」
 私 「それをしたら、シチュー(市中)引き回しの上、獄門やなあ」

 一句:孤老人 千佐子の毒牙に 十数名
 謎かけ:千佐子とかけて、家の収入や支出と解く。どちらも(筧・家計)です
  1. 2015/03/22(日) 05:56:16|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メロン

 札幌市中央卸売市場で夕張メロンの初競りがあり、1箱(2玉)が過去最高と同額の250万円で落札された。

 客Y「今日のニュース、見た?夕張メロンが2玉で250万円やてなあ」
 私 「メロンが2個で250万円?俺とこの1年間の売り上げよりも多いわ」
 客Y「ホンマかいな」
 私 「それにしても250万円とは、夕張と違(チゴ)て、売り手が欲張りやな」
 客Y「落札した札幌の物産品卸会社、250万円では元は取られへんで」
 私 「いや、その会社はモトはとれるで」
 客Y「何で?」
 私 「全国ネットでゴールデンタイム、翌朝の全紙、CM出けへんNHKも報じてくれるから、広告費として十分に元が取れてるで」
 客Y「あ、そうか。それはそうと、1ケタまけると言われたら買うか?」
 私 「2ケタ値引きの1万円でもよう買わんわ。そんなメロンはイラン」
 客Y「一カ月もしたら同程度の品質が現地で5千円位で買えるもんなあ」
 私 「5千円のメロンと食べ比べてもそんなに違いが分かれへんで」
 客Y「ホンマや。高いから美味しいと言う保障はないもんなあ」
 私 「メロンでイロン(異論)があるかも知れんが、夕張メロンピュアゼリーの方が美味しいかもなあ」
 客Y「それはメイロン(名論)や」
 私 「メロンの話だけに、最後に美味しいトコを取るなあ」

 一句:メロン・ネタ イロン(異論)、メイロン(名論) 議論する
 謎かけ: メロンとかけて、株式売買で見極めが難しい方と解く。どちらも(ウリ・売り)である
  1. 2014/05/24(土) 05:57:05|
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ