ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

ダンダリン

 いつも21時までに来るA君が23時半過ぎに来た。

 私 「いらっしゃい。今日は出勤が遅いね」
 客A「ああ、テレビドラマの『ダンダリン』を見ててん」
 私 「タンバリン?楽器がタイトルかいな」
 客A「タンバリンと違う、ダンダリンや」
 私 「ややこしいなあ、ダンダリンて何?」
 客A「主人公の名前が段田凛やからや」
 私 「どんなドラマやのん?」
 客A「簡単に言えば、働く人を守る仕事の法律を遵守させると共に、労働条件の向上を図っていく事を任務とする労働基準監督官のドラマや」
 私 「主人公を演じてるのは誰?」
 客A「主人公は竹内結子で同僚に松坂桃季(トウキ)が出てるわ」
 私 「松坂桃季(トウキ)?あれは桃季と違(チゴ)て、松坂桃李(トウリ)やで」
 客A「あ、トウキと違(チゴ)て、トウリかいな」
 私 「そのトウリ!季節の季と違(チゴ)てスモモの李や」
 客A「字が似てるから間違うわ」
 私 「因みに人気はどんなん?」
 客A「初回の視聴率は11%ぐらいあったけど徐々に下がり、今は7.2%ぐらいとか」
 私 「ダンダリンだけに視聴率がダンダリン下がってるんやなあ」
 客A「俺は竹内結子が好きやから見るけど、視聴率はまだ下がるやろなあ」
 私 「タイトルをダンダリンからダダスベリンに変えた方が受けるかも知れんなあ」

 一句:視聴率ダンダリン落ちてダダスベリン
 謎かけ:ダンダリンとかけて、役員が在職期間を終えたと解く。どちらも(人気・任期)がありません。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 02:24:16|
  2. TV関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 店でお客さんと食べ物の話をした。

 ママ「肉と魚、どっちが好き?」
 客Y 「魚料理」
 ママ「M君は?」
 客M 「僕も魚が好きや」
 ママ「魚は焼くのが好き?煮るのが好き?」
 客M 「魚にもよるで」
 ママ「それじゃタイは?私は焼くのが好き」
 客M 「タイは煮るのが好きやね」
 私 「俺は絞めるねえ」
 ママ「絞めるて何よ?」
 私 「タイてネクタイの事やろ?」
 ママ「魚のタイやんか。Yさんは焼く、煮る、どっちが好き?」
 客Y 「俺はそれよりもサシミが好きや」
 ママ「魚好きはサシミは誰でも好きやん。私が聞いてるのは焼くか煮るかよ」
 私 「みんなと協調性が無いなあ。サシミい男やなあ」
 客Y 「それ、サミシイやろ。そない言うマスターは一体何が好きやねん?」
 私 「俺はタイ焼きや」
 客Y 「それは魚のタイと違う」
 私 「そうか、失タイを見せたなあ」
 客M 「タイの話で盛り上げよ思てんのに水を差して…。もっと真剣に答えてや」
 私 「スマン、俺はメスのタイやったなあ」
 客M 「メスのタイて何?」
 私 「タイマン」
 客M 「メスのタイでタイマンて何?訳の分からんことを言うて」
 私 「分かる人には分かる。知らんかったら知らん方がエエ。言うた俺が顔が赤なるわ」

 一句:お正月 尾頭付きで 目出鯛ね
 謎かけ:鯛とかけて、名優と解く。どちらも(縁起・演技)良い
  1. 2013/10/30(水) 03:35:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴスペル講座:リハーサル

 今日は午後3時から、11月10日に堺市民会館のイベントで歌うゴスペルのリハーサルに行った。
 先日の授業の時に、26名ほどの上級クラスの方と一緒に歌うと聞いたので後ろの方で歌えば目立たないと気楽に構えていたが、苦手な曲の『Oh Happy Day』は新入生だけで歌う事になった。
この曲はリズミカルな曲で身体を動かして手拍子をしながら歌うのだが、私はどちらかというと東海林太郎の様に直立不動で歌うタイプ(少しオーバー)で、ハモリや手拍子は不慣れなので苦手だ。
本番で出場する新入生は10名、舞台は広いので横一列になり、めいめいにマイクが割り当てられる。舞台に立つと客席の関係者や数名の観客の視線がチクチクと胸に突き刺さる。
「うわーっ、こんなんやったらもっと練習しといたらよかった」と反省と不安がよぎった。
みんなは身体を左右に振って手拍子をするのだが、私の両脇の人は左右逆に手を打っている。私は気になって打ち遅れる始末。これぐらいの人数でするとズレたら目立つ。本番までにもっと練習を積まなくてはいけないと気を引き締めた。
尚、合同で歌う『Make Us One』は総勢36名のコーラスなので気楽に歌えた。

 一句:リハーサル 本番さながら 緊張し
 謎かけ:リハーサルとかけて、慰問活動と解く。どちらも(事前・慈善)に行います。
  1. 2013/10/29(火) 04:32:10|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼び名

 私は全く妻の名前を呼ばない。今夜は妻が今度の水曜日に検査入院をするので、入院誓約書や承諾書、個人情報利用同意書など4、5枚の書類に記名するのを手伝っていた。患者本人以外に配偶者、保証人など私が記名する欄も多くてややこしい。

 妻 「ここはアンタが書くんやろ?」
 私 「いや、自分(妻)が書かんなアカンで」
 妻 「自分てアンタの事やろ?」
 私 「自分言うたら、自分(妻)や」
 妻 「自分てややこしいやん。なんで私の名前で呼べへんの?」
 私 「えっ、名前を間違(マチゴ)うたらアカンから」
 妻 「誰と?」
 私 「誰とて、好きな女優が多いから、その名前と間違(マチゴ)うたら嫌やろ?」
 妻 「上手いこと言い逃れしよ思て。昔の女と間違(マチゴ)うたらアカンからでしょ」
 私 「いや、ホンマは大事な自分(妻)を呼び捨てにしたないからや」
 妻 「ホンマかいな」

 一句:名を呼ばず 自分と呼べば ややこしい
 謎かけ:呼び名とかけて、車が動かなくなったと解く。どちらも(呼称・故障)です
  1. 2013/10/28(月) 06:57:43|
  2. 私事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エライさん

 N君が昇進したとか。

 私 「久しぶりやなあ。仕事がんばってるか?」
 客N「がんばってるで。それに俺、偉なってん」
 客M「自分で言うか。偉なって(肌が)色黒にはなれへんで」
 私 「大体、偉なるほどデスクワークになり色が白なるで」
 客N「ホンマやて。主任になったんやで」
 私 「死人になったて、生きてるやん」
 客N「死人と違う!主任や」
 客M「今47歳やろ。30年近くの勤続でようやく主任かいな」
 私 「主任て、下に誰もいてないのんと違うのん」
 客N「一応、部下はいてるで。名刺見せよか」
 私 「名刺は何ぼでも書けるわ」
 客M「そうそう、銀行の外回りみたいに対顧客に箔を付ける為の支店長席付みたいなもんや」
 私 「偉なったて、上から言われ下からも言われ、板挟み状態で精神的にエラなっただけやろ」
 客M「エライ言われようやなあ」

 私 「エライさんやからしゃーないな」
 一句:役付いて 身分も心も エライさん
 謎かけ:エライさんとかけて、外国人と解く。どちらも(偉人・異人)です
  1. 2013/10/27(日) 04:51:55|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

採点機

 歌は大したことが無いのに自信家のO君が、北原謙二の“ふるさとのはなしをしよう”を唄ったらカラオケ採点機が85点を表示した。

 客O「どうや、エエ点出たやろ」
 私 「今日は雨やから釘が緩んでるのかなあ?」
 客O「パチンコの台じゃあるまいし、これは俺の実力や」
 私 「変な信号(声)で、採点機のコンピューターが狂たんかなあ」
 客O「なんでーな、いつもこの歌を唄(ウト)たらこれぐらいの点は出るで」
 私 「そうそう、この曲は出やすい曲や。誰が唄(ウト)うてもエエ点が出るねん」
 客O「そんな事、無いやろ」
 私 「いや、まだ低い方や。他の人が唄(ウト)うたらもっとエエ点が出るで」
 客O「ホンマかいな。マスターには負けるわ」

 一句:カラオケの 点数気になる 採点機
 謎かけ:採点機とかけて、リンゴやナシと解く。どちらも(気に・木に) なります
  1. 2013/10/26(土) 02:39:29|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラガー

 40代半ばのW君が今度、10月27日の日曜日に開催する大阪マラソンに出場するとか。

 私 「フルコースをどれぐらいで走るのん?」
 客W「そうやなあ、3時間半ぐらいかなあ」
 私 「素人でそれぐらいで走れたら、大したもんや。運動は得意か?」
 客W「そうやなあ、スキーもするしサーフィンもするし」
 私 「W君はスポーツマンやねえ」
 客W「高校時代はラグビーもやってたし…」
 私 「今はアクビーはするし…」
 客W「それ、飲みすぎた時やん」
 私 「高校時代はラガーやったんや。その名残か?キリン・ラガーを飲むのは」
 客W「関係ないで。ただ単に好きなだけや」
 私 「今度のマラソン頑張ってや、我ラガー、ヒーロー!」

 一句:ラガーマン 花園目指して 競い合う
 謎かけ:ラガーとかけて、シベリアのハクチョウと解く。どちらも(トライ・渡来)します
  1. 2013/10/25(金) 03:57:11|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴスペル講座:弱点

 今日は9回目のゴスペル講座の日、来月の10日に堺市民会館で催される『芸能百華』というイベントで歌う曲の練習をした。
 その中の『Oh Happy Day』はリズミカルな曲で、身体を動かして手拍子をしながら唄うのだが、ハモリを気にしていたら手拍子がズレ、手拍子を気にするとハモリが他のパートにつられる。
 若いうちからゴスペルをしていたら難なく出来たと思うのだが、歳をとってからすると慣れるのに少しばかり時間がかかりそうだ。
 カラオケには自信があったつもりだったが、ハモリで音痴になったり手拍子でリズム音痴になったりと、少しばかり自信をへし折られた気持ちになった。
 ゴスペル講座を受けて自分のジャコ天…、ではなくジャク点を知ることが出来、またそれを克服する目標が見つかったのは今日の収穫である。

 一句:弱点の 克服目指して 精進する
 謎かけ:弱点とかけて、大事な試合と解く。どちらも(解消・快勝)したいです
  1. 2013/10/24(木) 06:50:48|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有段者

 常連のYさんが整体師のOさんを連れて来た。

 私 「学生時代、何かスポーツしてた?」
 客O「柔道」
 客Y「Oさんは三段やで」
 私 「へえ、凄いなあ。猟銃を持ってるんかいな」
 客Y「えっ?」
 私 「猟銃の弾は…さんだん(散弾)やん」
 客O「成る程なあ、そうくるか」
 私 「今度は拳銃を持つように目指しや」
 客O「どういう意味?」
 私 「拳銃の弾は銃弾。十段を目指しや、言うてんねん」
 客Y「成る程なあ。因みににマスターは?」
 私 「俺は剣道四(し)段に柔道八(や)段や?」
 客Y「それ、四(よん)段に柔道八(はち)段て言うんやろ?」
 私 「しだん、やだんや。知らんし、やらん、ってことや」
 客Y「聞いて損したわ」

 一句:有段者 普段の努力が 実を結ぶ
 謎かけ:有段者とかけて、重ね着して寒さ対策と解く。どちらも(段位・暖衣)の人です。
  1. 2013/10/23(水) 02:46:43|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い込み

 最近、店に来出して4回目の年配のお客さんが尋ねた。
 
 客K「マスターはずっとこの店か?」
 私 「この店は34年、その前は市場で喫茶食堂をしててん」
 客K「へえ、市場の中やったら商売人のお客さんが多いのと違うのん?」
 私 「そうや、半分ぐらいは商売人で毎日来てたわ。1日3回来る人もいてたで」
 客K「商売人相手やったら、口が肥えてて味にうるさいやろ?」
 私 「そう、体は痩せてても口は肥えてるわ。そやけど俺は胃が悪かったから、それまで喫茶店に行ってもコーヒーは飲めへんかったので味が分からんかってん」
 客K「それやのに何で喫茶店をしたん?」
 私 「前の店主が焼肉屋をして忙しなったので、俺に喫茶店してやと頼んできたんや」
 客K「コーヒーの味を知らんのに、よう喫茶店を引き受けたなあ」
 私 「俺は教えてもろた通りにコーヒーを淹(イ)れただけやけど、引き継ぎの時に前の店主が『この人はミナミで修行した』と客に宣伝してくれたのでやりやすかったで」
 客K「ほう、それでお客さんの反応はどうやったん?」
 私 「さすが、ミナミで修行してきただけあって兄ちゃんのコーヒーは上手いわ、やて」
 客K「ホンマかいな」
 私 「そうやで。♪コーヒというものは~不思~議なものなんだ~」
 客K「それ、布施明の“恋”や、コーヒと違う」
 私 「冗談はさておき、コーヒーの味を知らん俺のコーヒーが「上手い!」やて、笑ろたで」
 客K「ミナミで修行、の言葉で「美味しい」と思い込んだんや。それで味が変わるんやなあ」
 私 「同じ料理でも高級な器にキレイに盛ったら、美味しそうに思うやろ」
 客K「そうやなあ、見た目だけでも美味しいと自己暗示がかかるなあ」
 私 「そやから料理人は心理学も勉強して、先入観を植え付ける方法も学ばなアカンで」
 客K「そこまで考える料理人はいてへんわ」

 一句:食通も 思い込み次第で 味変わる
 謎かけ:思い込みとかけて、パネルを木目調にすると解く。どちらも(決めつける・木目つける)でしょう
  1. 2013/10/22(火) 03:22:47|
  2. おもしろい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女性創作展

josei1 josei2.jpg


 昨日は堺高島屋の8階で催している堺市女性団体協議会の『女性創作展』に行ってきた。
 べつに女性に興味があるからだとか、女性団体協議会に参加しているわけでもない。現在、私が自由の泉大学で受講しているゴスペル講座を受けるにあたっての必須義務なので行った。
 『女性創作展』は今年で創立65周年を迎えた堺市女性団体協議会の行事の一環で50回目の開催だとか。
 会場には会員たちの腕に縒りをかけた洋画、日本画、俳画、陶器、洋裁、キルト、生け花、書道、人形、彫刻、華道、手芸品、工芸品など多彩な作品が展示され、大勢の入場者が作品に魅入られていた。
 当初は仕方なく行ったつもりだったが、素人の方の作品のレベルの高さに驚かされ、そして何かにチャレンジしたいと言う衝動に駆られた。

 一句:力作に 触発受ける 創作展
 謎かけ:女性創作展とかけて、落語でオチを言った後の常套句と解く。どちらも(おアートが・お後が)よろしいようで
  1. 2013/10/21(月) 01:21:50|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外

 M君が先日タイへ出張に行ってきたとか。

 客M「マスターは海外へ行ったことがあるか?」
 私 「淡路島」
 客M「今はもう橋で繋がってるから海外とは言わへんで」
 私 「ほんだら、沖縄」
 客M「確かに海外やけど、僕の言うてるのは外国の海外や」
 私 「遠洋漁業」
 客M「おもしろ無いわ」
 私 「笑わそ思たけど、言うたカイガィ無かったなあ」
 客M「オヤジギャグも錆びついてきたなあ」
 私 「これからは海外に行く夢を捨てて、カイガイしく仕事をするわ」
 ※甲斐甲斐しく=骨身を惜しまずに物事に打ち込むさま。

 一句:死ぬまでに 一度は行きたい 海外へ
 謎かけ:海外とかけて、農作物と解く。どちらも(米国・米穀)があります
  1. 2013/10/20(日) 04:31:56|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラストソング

 お客のI君はいつも粘るので店を終わるのが遅くなる。他のお客さんが帰って一人になってもダラダラと喋ってくるので、今夜はいつもより早めに仕掛けた。

 私 「ここらで何かエエ歌を唄(ウト)うてや。I君の歌を聞いたら安らぐわ」
 客I「ホンマか?何の曲がエエかなあ?」
 私 「そうやなあ、宗右衛門町ブルースがエエわ」
 客I「♪さよなら~、さよなら~、また来る日まで~」
 私 「そうそう、その歌詞がエエねん。別れた無いけど別れなアカン…」
 客I「名残が惜しなるなあ」
 私 「そうそう、I君は名残惜しなるけど、俺は嬉しなる」
 客I「どういう意味?」
 私 「いやいや、深い意味はないで。そろそろI君の美声を聞かせてんか」
 客I「美声と言われたら唄わん訳にはいかんなあ。宗右衛門町ブルース、入れてんか」
◇彼が宗右衛門町ブルースを歌い終えた。
 私 「よかったよかった。この曲は俺とこのラストソングや。はい、お勘定!」
 客I「なんや、もう勘定かいな」
 私 「さよなら~、さよなら~、また来る日まで、て言うてたやん」
 客I「まだ2時10分前やん」
 私 「勘定払(ハロ)たり、お釣りを渡してたりしてたら直ぐに2時になるわ」

 一句:営業の 終わりを告げる ラストソング
 謎かけ:ラストソングとかけて、名古屋方面の旧国名と説く。どちらも(終わり・尾張)で~す
  1. 2013/10/19(土) 05:03:22|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

律儀な客

 ある大手企業の社員で3年前に堺営業所から愛媛県新居浜市に転勤したT君が後輩で堺営業所のS君と来店した。

 私 「T君、S君、久しぶり。T君はいつもながら元気そうやね。堺に仕事で来たんか?」
 客T「いえ、静岡の出張の帰りです」
 私 「静岡に行ってきたんかいな。静岡では静ぉかにしなさい!て言われたんと違うか」
 客T「そんな事ありませんよ」
 私 「なんでS君も一緒やのん?」
 客T「S君も静岡出張やったので帰りにタイガースに行こか、という事になりましてん」
 私 「へえ、出張先が一緒やったんかいな。因みにホテルは堺で予約したんか?」
 客T「いや、明日は大阪市内で仕事やから難波(大阪)のホテルに予約を取りましてん」
 私 「わざわざ寄り道してまで、オレに会いに来てくれて有難う」
 客T「いやいや、ママに会いに来ました」
 私 「ガクッ!でもよう来てくれた。タクシー代も要るのに律儀なT君にママが喜ぶわ」
 客T「いえいえ、どういたしまして」
 私 「因みにS君とこの堺営業所は頑張ってるらしいで」
 客T「なんでそんな事が分かりますの?」
 私 「当店の客のTやんが『あそこの会社、頑張ってるで』と、報告してくれるねん」
 客T「ああ、Tやんさんは堺営業所の向かいに住んではるさかい知り得ますよね」
 私 「土日とか毎晩遅うまで会社の電気が点いてるわ、といつも言うてるで」
 客T「S君、エライ頑張ってるんやなあ」
 客S「いえいえ」
 私 「ホンマは電気を消し忘れてるか、それとも頑張ってるとこを見せよ思てわざと電気を点けたままにしてるのんと違うか?」
 客S「そんなことは無いですよ」
 私 「T君も頑張ってるんと違うのん?」
 客T「いやー、まあね」
 私 「カラオケ上達の為に発声練習を…」
 客T「アー、エー、イー、オー、ウー」
 客S「あれ、先輩は愛媛に行ってもそんな事してはるんですか?」
 客T「仕事もちゃんとやってますよ~」
 その後もジョークを交えた会話を楽しんだり歌を唄ったりして秋の夜長を過ごした。
 因みにT君は高得点を出しカラオケ番付の小結に、S君は前頭筆頭になった。

 一句:遠いのに わざわざ来店 律儀な客
 謎かけ:律儀な男性客とかけて、雪山でおむすび食べたと解く。どちらも(お兄ぃ義理堅い・おにぃぎり固い!)です
  1. 2013/10/18(金) 06:01:19|
  2. お客
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ナチュラル

 60過ぎのOさんが久し振りに来た。

ママ「長い間、見ないうちに頭がエライ薄なったね」
 私 「薄なったと言うより、横山ノック状態やん」
ママ「リアップ、せーへんの?」
 客O「俺、あーいうのん、好きやないねん」
 私 「好きやないと言うより、出けへんやん。手遅れやで」
 客O「俺はナチュラルが好きやねん」
 私 「ホンマやなあ、分かるわ。♪明るいナチュラル~」
ママ「それ、明るいナショナルやんか。しやけどまだ産毛がチラホラあるなあ」
 私 「いっぺんパーマをかけて雰囲気を変えたら?」
 客O「パーマかけられへんっちゅうねん。頭皮がやけどするわ」

 一句:ありのまま 着飾らないのが ナチュラル派 
 謎かけ:ナチュラルとかけて、意図的にではなく自然のボケと解く。どちらも天然です
  1. 2013/10/17(木) 03:49:59|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就活

 64歳のTさんは8月に仕事を辞めてから失業中だ。

 私 「まだ仕事に行ってないんかいな」
 客T「職安に行っても、なかなかあれへんねん。この店で雇おてや」
 私 「スナックでオッサンを雇ても、客が来(ケ)-へんわ」
 客T「皿洗いでもエエやん」
 私 「皿洗いを雇うほど客来(ケ)-へんっちゅうねん」
 客T「堺の最低賃金は800円やろ。時給1000円でええから雇おてや」
 私 「最低賃金より上かいな。厚かましいなあ」
 客T「そんなん、言わんと雇おてや」
 私 「そこまで言うんやったら雇たるわ」
 客T「えっ、ホンマか」
 私 「ああ、ホンマや。時給1000円を払ろてくれたら、雇ってあげるわ」
 客T「なんやねん、それ。そんなんいらんわ」

 一句:年寄りに 厳しい現実 就活は
 謎かけ:就活とかけて、学校のお昼ご飯と解く。どちらも(求職・給食)で
  1. 2013/10/16(水) 04:35:21|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

契約書

 店に有線会社の社員が来て現在使用している他社の有線を自社の有線に乗り換えてくれとしつこく言うので、契約をすることにした。

 社員「それではこの契約書に記入して下さい」
 私 「俺、こういうのん苦手やねん。失敗するから10枚ぐらい用意しといてや」
 社員「そんなあ。私がちゃんと説明しますので、大丈夫ですよ」
 私 「名前はハンドルネームでエエの?」
 社員「いえ、ネットの掲示板と違いますので本名でお願いします」
 私 「このS・T・Mは該当するアルファベットに丸で囲むんやろ?俺はSとMに丸をするわ」
 社員「あの、それは昭和・大正・明治の頭文字です。どれか一つに丸して下さい」
 私 「俺、SMやから、SとMに丸をするんかなあ思たわ」
 社員「御冗談を…」
 私 「この男・女にも丸をするんやろ?俺、オカマやから両方に丸してエエんかなあ」
 社員「見たところ、男性なので男に丸をして下さい」
 私 「え~と住所は大阪都堺区…」
 社員「まだ大阪は都にはなってませんよ。ちゃんとお願いします」
 私 「電話番号はえっと、0120の…」
 社員「あの、フリーダイヤルではなく、お店の電話番号をお願いします」
 私 「ここは引き落とし先の銀行の口座を書くんやろ?えっとK君の口座番号何番やったかな?」
 社員「私の口座番号を書いてどないしますのん?使用するのは有村さんでしょ」
 私 「ああ、そうやったなあ。これで終わりか?」
 社員「ここに印鑑を押して下さい」
 私 「印鑑を押さなインカンか。はい、これでケーヤクがヨーヤク終わりや」

 一句:年寄りは 手間ヒマかかる 契約書
 謎かけ:契約書の締めとかけて、梅雨が過ぎ好きな季節になったと解く。どちらも(押捺・おう、夏)や!
  1. 2013/10/15(火) 02:53:01|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘九郎

 テレビで『行列のできる法律相談所』を見ていてふと私はふと感じたことを口にした。

 私「東野幸治、中村勘九郎に似てるなあ」
 妻「ええっ、似てるか?東野幸治とは歳が親子ほど違うやん」
 私「自分(妻)が言うてるのんお父さん(故十八代目中村勘三郎)の方と違うか」
 妻「あ、そうか。今は息子が継いだんやなあ。お父さんの勘九郎は子供の頃から見てたから、勘九郎=お父さんのイメージが強いわ」
 私「お父さんは五代目中村勘九郎で息子は六代目中村勘九郎や」
 妻「歌舞伎界は同じ名前を代々継ぐから、ついうっかりするわ」
 私「勘九郎だけに、勘クルウなあ」

 一句:勘九郎 代々同名 勘狂う
 謎かけ:勘九郎とかけて、三行半と解く。どちらも(梨園・離縁)に関わります
  1. 2013/10/14(月) 04:25:49|
  2. 芸能人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だんじり

 堺市在住で泉大津市出身のUさんと秋まつりの話をした。

 私「この辺はふとん太鼓が多いけど、泉大津は何?」
 客U「だんじりや」
 私「男のお尻かいな?」
 客U「なんやねん、それ?」
 私「男は“だん”やろ。だん尻」
 客U「オカマじゃあるまいし、男の尻には興味ないわ。それより明日、行くねん」
 私「わざわざ行かんでもええやん」
 客U「何で?」
 私「いつも成績が、どんじりやから」
 客U「なんやねん!俺、だんじりが好きやから行くねん」
 私「まあ、だんじりは秋祭りの華やからなあ」
 客U「だんじりの華は屋根の上に乗ってる大工方(ダイクカタ)や。大工方になりたかったなあ」
 私「大工方にならんでも五十肩になったから、もうええやん」
 客U「そうか、仕方ないなあ」

 一句:秋まつり 勇壮に駆け抜け
 謎かけ:だんじりとかけて、昔の罪人と解く。どちらも市中(曳き・引き)回します。
  1. 2013/10/13(日) 01:24:08|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャシュバックに要注意

 今日のお客さんのYさんが、「3日前、電話を掛けたけど通じへんかったで」と言った。
 私は電話を掛ける時は携帯電話で店の電話は掛かってくるだけ。だから不通になっているのをYさんに聞くまで知らなかった。
 試しに店の電話を掛けると使えない。携帯から店の電話に掛けると「お客様の都合によりご使用になれません」とメッセージが流れた。
 私「そんなメッセージが流れたら、掛けてきたお客さんは店が潰れたと思うで」
 客「そうや、何回か掛けて通じえへんかったら店を閉めたと思う人もいてるで」
 私「営業妨害になるなあ。とにかくNTTに電話するわ。
 電話局の故障係に電話を掛けると「不具合がありません」との返事。
 私「いや、実際に掛かれへんねん。もっと念入りに調べてや」
 係「電話料金が未納で止められてます」
 私「俺とこは引き落としやで。口座は十分に残高はあるし、未納は無いはずや」
 係「とりあえず、こちらで手配して仮接続をしますので明日、料金係に電話して下さい」
 公共料金など何でも引き落としで通知書が沢山送付してくるので、私はほとんど目を通さない。帰宅後、通知書を見たがその中の一通に3万1000円の明細書と共に振込用紙が入っていた。
 「えーっ!工事代が3万1000円?」7月にブロードバンドの光ファイバーをeoからNTTに乗り換えた時に発生した料金だ。
 そして予定外のeoの撤去代が12600円も要った。代理店に工事代は約2万5千円と聞いてたし撤去代の説明は無かった。それと取り替えた月のブロードバンド代がNTTとeoがダブついて支払う羽目に。
 キャシュバック3万円につられてNTTのフレッツ光に乗り換えたが、かえって高くついた。皆さんも乗り換える時は慎重に…。

 一句:キャシュバック うまい話は 慎重に
 謎かけ:キャシュバックに要注意とかけて、彼女とデートする時の胸と解く。どちらも(高なる・高鳴る)時もある
  1. 2013/10/12(土) 05:16:19|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空き缶

 当店のオイルサーデンは缶ごとコンロで温めてから、それをアルコールを注いだお皿にのせて火をつけて出す。Tさんがオイルサーデンが好きなので時々注文をする。店の照明を消してお皿のアルコールに火をつけて出した。居合わせたM君が一言。

 客M「おぉ、雰囲気が出てええ感じやん。これ、何を燃やしてんのん?」
 私 「これはジンやけど40度以上のアルコールやったらなんでもエエねん」
 客T「M君、美味しそうやろ。一切れやるわ」
 客M「一切れだけでは、サーデンの良さが分からんで」
 私 「一切れ残して全部食べや。Tさんは空き缶を集めてるから」
 客T「なんでやねん。そんなんやって無いわ」
 客M「そやなあ、Tさんは空き缶回収なんかはやる訳ないよなあ」
 客T「鉄はキロ22円、金になるのんはアルミや」
 客M「なんや、よう知ってるやん」
 私 「そやろ、絶対に空き缶を集めてるで」
 客T「勝手に決めんといてんか」

 一句:アキき缶を 集めて侘しい アキの空
 謎かけ:高く売れる空き缶とかけて、コタツのテーブルの上と解く。どちらも(アルミ缶・あるミカン)です
  1. 2013/10/11(金) 05:20:10|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼酎

 焼酎に入れる割りもののレモンやライムを用意している。常連のOさんが連れて来た後輩のY君がチューハイを注文した。

 私 「チューハイに何か入れる?」
 客Y「何があるの?」
 私 「レモンにライムにグレナデン(ざくろ)にライムにユズ…」
 客O「えっ、ユズあったん?」
 私 「そうや。前は無かったけどリクエストがあったので、ユウズウを利かせてユズを置いてん」
 客Y「ほんだら、ユズで割って」
 私 「Oさんは何を入れる?」
 客O「何がエエかなあ」
 私 「オレンジは?」
 客O「オレンジ、あるの?」
 私 「ああ、オレンチにあれで」
 客Y「オレンジと俺ん家(チ)…、面白いなあ」
 客O「オレンジて果物かじゃ?それともジュースか?」
 私 「ジュズや。Oさんにぴったりや」
 客O「なんで俺にぴったりやねん?」
 私 「Oさんはツルッパゲやからジュズ持って袈裟が似合うやん」
 客O「ハイハイ、袈裟きて坊さんのバイトしてるよ」
 私 「今朝、袈裟着て朝から坊主のバイトしてきたとか」
 客Y「面白いなあ」
 客O「ここのマスター、何でもダジャレに繋げるねんで」
 客Y「天才やね」
 私 「テンサイでも地震は無いで」
 客O「Y君、褒めたらアカンで。ダジャレが止まれへんで」

 一句:オヤジギャグ 焼酎ネタは ショゥチュウ言う
 謎かけ:美味い焼酎とかけて、内臓が調子いいと解く。(芋・胃も)いいよ
  1. 2013/10/10(木) 03:34:22|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 自宅の居間でテレビを見ていたら、妻が梨を切ってくれた。

 妻 「この梨、水臭いわ」
 私 「ほんまや、味がナシやなあ」
 妻 「ホンマや」
 私 「何の梨?」
 妻 「20世紀」
 私 「20世紀は安いから美味(ウマ)ないのんと違うか」
 妻 「ほんだら洋梨を買おか?」
 私 「あれは高い。我々貧乏人にはヨウナシや」
 妻 「洋梨と用無しね、ハイハイ」
 私 「梨をぎょうさん持ったら滝川クリステルになるなあ」
 妻 「なんやのん、急に変なことを言うて」
 私 「梨をぎょうさん持ったら、重てえ梨…お・も・て・な・し…」
 妻 「ああ、お・も・て・な・し…ネ。ちょっと苦しいね」
 私 「ほんだら、重量オーバーは?」
 妻 「重量オーバーが、なんで梨に関係あるの?」
 私 「超重量…ちょうじゅうりょう」
 妻 「それ、長十郎やろ。いっこも面白ないわ。しょうもな」
 私 「ウケると思たのに面白ないとかしょうもないて言われて、梨だけにカナシ~」
 妻 「もうエエって。梨のハナシはナシよ」

 一句:来客に 梨むいて出す おもてなし
 謎かけ:梨とかけて、香りを振りまく化粧品と解く。どちらも(幸水・香水)があります
  1. 2013/10/09(水) 04:21:53|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

断煙

 年配のIさんは医者にタバコを止める様に言われているとか。

 私 「タバコよう吸うてるけど、止める気はないのん?」
 客I「俺は意志が硬いからタバコは止めへんねん」
 私 「なんで?意志が弱いからタバコを止められへんのと違うの」
 客I「意志が弱いから、ヒトに言われて止めるんや。俺は誰に言われようが止めへん」
 私 「それも一理あるなあ。さすが年配の言う言葉には説得力があるわ」

 一句:断煙の 止めぬ理由に 止める理由
 謎かけ:断煙とかけて、謝罪すると解く。どちらも(喫いません・スイマセン)
  1. 2013/10/08(火) 04:13:06|
  2. おもしろい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関西弁の本

 最近、不眠症の周期が来てまた眠れない日が続いている。私は睡眠導入剤代わりに新聞を読むのだが、今日は隅々まで読んでも中々眠れず床に就いてから2時間半後に何とか眠れた。
 そして沢山夢を見て目が覚めた。「こんだけ夢を見たんやから、ぎょうさん寝たやろ。気分が清々しい」と思い時計を見ると1時間程しか寝ていなかった。もう一度寝ようと思っても中々眠れない。
 平日だったら眠剤を飲むのだが日曜日は車を運転するので飲まない事にしている。というのは今年の6月に買って間がない車をブツケてからそう決めたのである。
 そこで本を読むことにして、本棚を見渡すと大坂世一の著書『試験に出る“関西弁会話集中講座”必須単語からボケ・ツッコミまで』なるものが目に留まった。
 これは私が買ったものではない。娘の本であるが、大阪生まれの大阪育ち、生粋の浪速っ子なので勉強をするつもりはないはず、おそらくヒマつぶしに買ったものだろう。
 私はブログのネタに何か参考にしようと思ったが1993年8月発行の本でネタが古い。また記事には京言葉に似た船場言葉や大阪弁、河内弁、泉州弁、大便、小便…(あ、後ろの2つは余分)とかが混在していて、今さら私が参考にして使うようなフレーズは無いなあと思いながら読んでいるといつの間にか寝ていた。
 それでも1時間半後には目が覚め、もう一度、寝ようと本の続きを読んでも眠られず、今日は2時間半の睡眠で離床した。
 尚、“関西弁会話集中講座”は参考にしなくても、私の様な大阪のオッサン(もう、オジン?)が地でいけば取るに足らない本だと思った。

 一句:関西弁 ヨシモト見れば 学べるで
 謎かけ:関西弁とかけて、過去を表現する言葉と解く。どちらも(泉州・先週)もあります
  1. 2013/10/07(月) 02:14:28|
  2. health
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 Tさんが元同僚のUさんを連れて来た。暫く会話をしてからカラオケを勧めた。

 客T「Uさん、そろそろ何か唄いや」
 客U「いや、まだ酔うてないから自信が無いわ」
 私 「Tさん、先に唄いや。ほんだらUさんも唄いやすくなるわ」
 客T「どういう意味やねん!」
 私 「誰も歌がヘタとは言うてない」
 客T「そない聞こえるわ」
 私 「まあ、ホンマの事やねんから置いといて…、ハイ、はよ唄いや」
 客U「ごちゃごちゃ言うてんと、Tさん何か唄(ウト)うてや」
 客T「仕方ないなあ。ほんだら桃色吐息」
 客U「えっ、そんなん唄うのん?」
 私 「唄うと言うより、おがるだけや」

そしてTさんが歌を唄い終えた。

 客U「おお、上手いやん」
 私 「上手いなあ」
 客T「ホンマか、嬉しいなあ」
 私 「ああ、伴奏が…」
 客T「何やねん!」
 客U「いや、上手いで。最初はどうかなあ思たけど、だんだん曲に合(オ)うてきたで」
 私 「合(オ)うてると言う事は、Uさん、この曲を知らんのと違うか」
 客U「まあ、この曲はあんまり知らんけどな。しやけど、歌は上手いで」
 私 「Tさんのんはウタと言うよりもヘタや」
 客T「もおっ、なんとでも言うて!」

 一句:スナックで 会話途切れりゃ 歌がある
 謎かけ:歌とかけて、大阪と解く。どちらも(節・府、市)があります
  1. 2013/10/06(日) 01:52:57|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013世界体操:内村航平

 昨日は仕事が終わってからテレビを点けたら『世界体操2013』を放送していた。ちょうど1種目目の床(ユカ)が始まるところだった。
 そして内村航平はラストの着地をピタリと決めて15.558点の高得点。
 妻 「内村君、難度の高い技や着地をピシッと決めて、気持ちエエねえ」
 私 「気持ちエエを通り越して、ユカだけユカイやわ」
☆2種目目はあん馬、内村はロンドンでは苦しんだが丁寧な演技で15.133とまたも高得点。
 妻 「これだけはいっこも面白ないわ。グルグル回るだけやろ」
 私 「あん馬、アンマり面白ないか?しやけど内村は15点台やで。あん馬だけにあんばい出来た」
☆3種目目はつり輪。内村の動きと静止のメリハリのある演技に惹きつけられた。またも15.00と高得点。
 妻 「すごいね、内村君の演技にワクワクするわ」
 私 「つり輪だけに輪っかで輪く輪くやなあ」
 妻 「3種目とも15点以上は内村君だけやで」
 私 「だいぶ余裕が出てきたね。この後ちょっとミスっても、おツリワあるわ」
 妻 「苦しいシャレやな」
☆4種目目は跳馬、内村は着地が少し左に寄った。個人総合では一番苦手と思えたが、それでも15.333点。
 妻 「跳馬はアカンのかなと思たけど、超難度のヨー2を決めたからやて」
 私 「俺はヨウツウ(腰痛)でアカンわ。跳馬は帳場と言うだけに超難度で帳尻を合わせたなあ」
☆5種目目は平行棒。内村の演技は流れがスムーズでつま先までキレイ。静止もピタリで得点は15.333。
 妻 「凄いねえ、ずっと15点以上は内村君だけやで。ずば抜けてるね」
 私 「段違い平行棒てあるけど、内村は桁違い平行棒やね」
☆6種目目はいよいよ最終種目の鉄棒だ。選手の緊張度がピークに達して外国人選手の落下が続いている。これで3人目だ。
 私 「パラシュートやなあ」
 妻 「何、それ?」
 私 「落下が三人。落下傘」
 妻 「内村君しか出来ないカッシーナでG難度やろ。その上のH難度ってどんなんやろね?」
 私 「あ、H難度か?俺、若い頃、得意やったで」
 妻 「うそばっかり…」
 私 「ホンマやて。H何度もしてたで」
 妻 「どうせ、そういうやろなア思たわ」
☆内村は数々の難度の高い技を何度も決めて最後は鮮やかに着地をしてみせた。15.533点で総合得点は91、990。
 内村航平が金メダルと獲得して2009~11年大会を合わせて前人未到の4連覇を達成した。そして20歳の加藤凌平と1、2位を占めた。
 妻 「内村も加藤も鉄棒に強いね。今度のリオ・オリンピックが楽しみやわ」
 私 「そうや、あの二人がいてたら、鬼に鉄棒やなあ」
 妻 「それ、鬼に金棒って言うんやろ」
 私 「しやけど加藤とのワンーツーフィッシュ、見事やなあ」
 妻 「それはワンーツーフィニッシュやろ。それにしてもアンタも体操が好きやなあ」
 私 「そうや、2日間、寝んでも応援するで」
 妻 「大層やなあ」
 私 「体操だけに大層や」
 今日は内村航平選手と加藤凌平選手の素晴らしい演技で『日本の美しい体操』を堪能した。

 一句:内村君 世界体操 4連覇
 謎かけ:世界体操の内村航平とかけて、保証期限が切れた修理代と解く。どちらも(優勝・有償)です
  1. 2013/10/05(土) 05:01:47|
  2. sports
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画『BRAVE HEARTS海猿』

 今日は店がヒマだったので早めに店じまいをして録画をしていた映画『BRAVE HEARTS海猿』を見た。
 ドラマは仙崎大輔(伊藤英明)は自ら志願し、海難救助のエキスパートであり最も危険な事案に従事する “特殊救難隊”で、後輩の吉岡(佐藤隆太)と共に海難救助の最前線にいた。日々苛烈な任務をこなしながらも充実した日々を過ごしていたが、ある日、乗客乗員346人を乗せたジャンボ機が飛行困難になる故障を起こして東京湾へ着水するが、機体は真っ二つに折れた。海面に浮かんでいられる時間はわずか20分。特殊救難隊が大半を助け出したが、徐々に海水が浸水する機内にはまだ乗客乗員が取り残されている。
 邦画はイマイチと思っていたが結構ハマり、妻はクライマックス・シーンでは涙を浮かべながら一喜一憂した。
 私 「店は暇や言うてんのに、俺らシアワセな人間やなあ」
 妻 「ホンマやなあ、店が暇なのを忘れてしまうわ」
☆吉岡(佐藤)が、後部の機内で機材に閉じ込められている恋人で客室乗務員の美香(仲里依紗)を発見。必死で重い機材をどけようとしている吉岡に美香が「私、隠していたことがあるの!」と言う。「美香、今は生きてここから帰れることだけを考えろ!」と吉岡。
 私 「恋人の美香が吉岡に話したい事があるて、他に男がいてるんかなあ?」
 妻 「気が多いアンタと一緒にしたらアカン。他の理由やと思うわ」
☆機首側では嶋副隊長(伊原剛志)と仙崎(伊藤)達が決死の救助活動をして危機一髪で機長を救出。一方機体後部では、吉岡(佐藤)が渾身(コンシン)の力を振り絞ってなんとか美香を助け出すも、機体が傾いて逆に吉岡が機材に挟まれて抜け出せない。沈んでいく危機に面して同僚の服部隊員(三浦翔平)に吉岡は「彼女を連れて行け!」「いやーっ!」と美香。「俺の事は置いて早く行け!」「幸せになれよ、美香」と吉岡は沈みゆく機内に一人残った。
 私 「美香に『幸せになれ』と言うけど、自分の身代わりで吉岡が死んだら、幸せになられへんで」
 妻 「せっかくのエエ場面やのに水を差すなあ、アンタは」
 私 「しやけど画面では水を差すどころか、海水が浸水やで」
 妻 「吉岡君、大丈夫かな。誰か吉岡君を助けたって欲しいわ」
 私 「店の心配せんと、吉岡君の心配ばっかりやなあ」
☆海底に沈んだ機体に全員が諦め失望している中、仙崎(伊藤)と嶋(伊原)が「仲間を迎えに行く」と無理を承知で海底に潜って奇跡的に吉岡を助けた。
☆絶体絶命の状況から乗客乗員全員を生還させたのは「みんなが全員を救いたいと願い、あらん限りの力を注いだからこそこの大きな困難を乗り越えることが出来た。みんなの思いが軌跡を起こしたんです」と上司の下川首席航海士(時任三郎)が言った。
 妻 「みんなの思いが強かったから全員が助かったんやね」
 私 「いや、脚本家が全員を助けよと思て、脚本を書いたから助かったんや」
 妻 「もうぉ!イイ気分に浸ってるのにシラケるようなこと言わんといてんか」
☆最後の場面では、今まで上司の制止を振り切ってでも何とか救助を成功させてきた仙崎に対して、嶋が「お前は運だけの男だと思っていたが、どうやらそうでもないらしい。でもな、レスキューで一番大事なのは…」と言うとすかさず「分かってますよ。スキルと冷静な判断でしょ」と仙崎。「それから、ここだ」と嶋は仙崎の胸をコブシでコツント叩いた。つまり『BRAVE HEARTS=勇敢な心』を示した。BGMもフェードアウトしてこのシーンで終わりそうな雰囲気だ。
 妻 「オチは無いんかいなあ」
 私 「俺と自分が一緒になる」
 妻 「私らは映画には関係ないやん。それより最後に機長と仙崎大輔君が握手するとこ無いんかいな。私が監督やったらそない設定するのになあ」
 私 「機長の事だけにキチョウ面やからなア、自分は」
☆ラストシーンは主役の仙崎と妻の環菜(加藤あい)と子供の仲睦まじい場面で終わった。

 一句:海猿の 決死の救助に 感動す
 謎かけ:海猿とかけて、差し迫った仕事があるので日曜日に出勤すると解く。どちらも急場に(救出・休出)します
  1. 2013/10/04(金) 01:42:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきつけの散髪屋

 年配客のIさんの少ない髪の毛がなんとなく染まっていた。

 私 「Iさん、頭の雰囲気がちょっと違うなあ」
 客I「俺、髪の毛を染めて来てん」
 私 「えっ、髪の毛を染めてたてか?」
 客I「俺かて髪を染めるわいな」
 私 「染めるほどあれへんやん」
 客I「ほっといてんか」
 私 「いつも何処の散髪屋に行ってるのん?」
 客I「昔からずっと、ていねい館や」
 私 「ていねい館かいな。あそこの客、年寄りが多いから、ていねん館やなあ」
 客I「確かに俺を含めて定年した客が多いなあ」
 私 「俺も昔言ってたけどマスターは年寄りで、センスが古いわ」
 客I「あのオッサン、キョロキョロとよそ見をしながら髪を切りよんね」
 私 「散髪屋のオヤジの技術だけに、それを髪(神)ワザて言うんや」
 客I「ほんで、あそこの嫁さんの事をカミさんて言うんやろ」
 私 「よう分かってるやん。今日はIさんとカミ合うなあ」

 一句:散髪屋 髪の話で カミ合った
 謎かけ:散髪屋とかけて、祖母と解く。どちらも(バーバー・婆婆)である
  1. 2013/10/03(木) 03:50:21|
  2. hair
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贈り物

 先日、職場の先輩の紹介で知り合った女性とデートした調理師のN君が、彼女にプレゼントを買ったとか。

 私 「エライ早いなあ。一回デートしただけでプレゼントを買うの?」
 客N 「明後日、彼女の誕生日て聞いたから指輪を贈ろ思て買(コ)うてん」
 私 「その女の子、他の人ともデートをする度に誕生日て言うてるのんと違うか?」
 ママ「キャバクラの女の子じゃあるまいし、余計な事を言うたらアカン」
 私 「それでその指輪、なんぼしたん?」
 客N 「高島屋(百貨店)で3万円やったわ」
 ママ「へえ、3万円もしたん?」
 私 「高島屋はちょっとしたのんでも高いので、彼女には3万円には見えへんで」
 ママ「確かに3万円ぐらいの指輪やったら石は小さいやろね」
 客N 「3万円の指輪には見えへんか?」
 私 「3万円した、という証明に値札を付けときや」
 ママ「値札はこれ見よがしで、いやらしいわ」
 私 「ほんだら、誕生祝いのメッセージの中に領収書を挟んだら?」
 ママ「余計、悪いわ」

 一句:何歳(いくつ)でも 貰うとうれしい 誕生祝い
 謎かけ:贈り物とかけて、天ぷらと解く。どちらも(あげ・揚げ)ます
  1. 2013/10/02(水) 05:49:23|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ