ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

豪栄道

 日本人横綱を期待していた稀勢の里は肝心なところで転けて裏切られてばかり。それならばと昨年3月の初土俵以来快進撃を続けた遠藤に期待した。
 がしかし、ここ3場所は6-9、7-8、8-7と足踏みをして、日本人力士への期待が薄れかけていた。その矢先に豪栄道の大関昇進のニュースが流れた。
 豪栄道は先場所が8-7と三役での連続2桁白星が一度もなく、今場所が始まる前までは大関の声が全く聞こえてこなかった。それだけに『豪栄道・大関昇進』の予想外のニュースには驚きと喜びが両方こみ上げた。
 今場所は2横綱2大関を破るなど12勝3敗の成績を残して直近3場所合計で32勝としたが、現役最強の白鵬を2場所連続で破った事や14場所連続で関脇を務めてきた実績などが評価されたと思う。
 大阪出身の大関誕生は前の山以来44年ぶりで、同郷の豪栄道にはこの勢いで一気呵成に優勝して横綱の座を勝ち取って欲しいと思う。

 一句:豪栄道 白鵬やぶり おお、えいどう!
 謎かけ:豪栄道とかけて、中国共産党に抗議するチベット僧侶と解く。どちらも(昇進・焼身)のニュースが届いた
スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 04:44:23|
  2. sports
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スピリタス

 焼き氷にかけるアルコールが今迄のブランデーでは理想通りに点かないので、度数の高いアルコールを買い求めに近所の酒屋へ行った時の店主との会話。

 私 「ブランデー(40度)より度数の高いアルコールは無いか?」
 酒屋「アブサンは?70度ぐらいありますよ」
 私 「アブサンは度数は高いけど独特な臭みがあるからちょっと…」
 酒屋「それじゃ、スピリタスは?96度で世界最強のウォッカですよ。ラベルにはアルコール度数が高い為、火気に注意て書いてるぐらいのお酒です」
 私 「ウォッカは無味無臭やから最適や。それに96度やったら簡単に火が点くなあ」
 酒屋「そのまま飲めませんが、一体、何に使いはるんですか」
 私 「火をつけよ、思て」
 酒屋「市役所にですか?」
 私 「そうや、景気悪いのに税金を高(タコ)取って…」
 酒屋「同感です、私も手伝いますよ」
 私 「そこ時は頼むで。因みにこのキツイ酒、他に買う人いてる?」
 酒屋「今迄に1人だけいましたね」
 私 「そう言えば以前、この近くで火事があったなあ」
 酒屋「半年前にありましたね」
 私 「犯人はこの酒を買(コ)う人と違うやろな」
 酒屋「それはないでしょ」
 私 「放火犯にこのお酒を売ってたら、放火ほう助になるとこやったで」
 酒屋「お酒を売って放火ほう助にはならんでしょ」
 私 「ほうか~?」
 ※スピリタス=ポーランド産のウォッカ。カクテルのベースや家庭の常備薬として使われている。

 一句:スピリタス ガソリン並みで 火気厳禁
 謎かけ:スピリタスとかけて、責任逃れする人と解く。どちらも直ぐに(点火・転嫁)します
  1. 2014/07/30(水) 04:30:50|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き氷開発秘話

 焼き氷を作るにあたってネットで調べると2つの作り方があったが、まず大阪の喫茶店が開発した方法を試した。
 『かき氷にカラメルソースをかけ、刻んだイチゴやパイナップルなどの果物を乗せる。その上にアイスクリームを乗せ、食べる直前に酒をかけて火をつける』
 イチゴやパインは他に使い道がないので冷凍のブルーベリーを採用、カラメルソースは自作、酒はブランデーを使用して試作。
 1回目はブランデーがアイスクリームに染み込み火は全く点かなかったので、アルコールが乗りやすい様にと砂糖をまぶして点火したがこれもダメだった。
 それではとNHKのごちそうさんの作り方を見ると、『梅シロップとかき氷を2段重ねにして、コーヒーシロップとメレンゲをオン。その上からブランデーをかけて着火』と記している。
 手間のかかるメレンゲの作り方をネットで調べると、その都度作らなくてはならないので接客に支障をきたす。
 「メレンゲに代わるモノ」や「梅シロップに代わるモノ」を考え抜いた末に「メレンゲの代わりに寒天ゼリー」「梅シロップの代わりにカクテル用のグレナデンを代用」して試作をした。
 冷凍保存のきく寒天ゼリーは混合濃度が難しく、色々と試してかき氷に乗せやすい様に薄い皿に流し込み冷凍にした。
 翌日、かき氷を作りその上に冷凍寒天ゼリーを乗せるもうまく乗らない。普通のかき氷の様に山の形にすると寒天が割れアルコールがアイスに染み込み、かき氷をフラットにすると少しだけ火が点いたがイメージには程遠い。
 そこでアルコールは40度のブランデーだけでは火が点きにくいからと、96度で世界最強のウォッカと言われるスピルタスを買って来てブレンドをした。
 それで試作をしたが約80%がアイスに染み込み火はすぐに消えた。失敗するたびに試食していたらきついアルコールで酔いが回ってくる始末。
 かき氷販売を反対する嫁さんの鼻を明かす為にはどうしても商品化にこぎつけたい。早く完成させないと売るタイミングを逃してしまう。焦る気持ちの中、イザと言う時の為にメレンゲを作る泡だて器を買って準備をした。
 ただ、メレンゲは出来るだけ使いたくないので、最後の望みで寒天ゼリーを分厚くして砂糖も数倍多くまぶして試作したら、不安を払しょくする様に火はメラメラと燃えた。
 私は「やったー、完成や!」と喜んだ。がしかし、ガラスの器を使っていたので割れてしまった。
 そして瀬戸物のマグカップとお皿を買って試したらイメージ通りの焼き氷が出来上がった。
 私は9回の裏サヨナラ満塁逆転ホームランを打った気分になり、焼き氷を口にすると苦労しただけあって格別に美味しかった。

 一句:開発中 試行錯誤の 連続だ
 謎かけ:焼き氷開発秘話とかけて、人気投手の完封勝利が間近と解く。どちらも、その先には(完成・歓声)があります
  1. 2014/07/29(火) 05:55:34|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き氷

a-yakiko07.jpg
焼き氷の動画 https://www.youtube.com/watch?v=r8T9XliaBGE
 1か月前に妻の反対を押し切って氷かき器を買ったが、普通のメニューでは自分らしくないので「何か面白いネタが無いかな」と思いながらも呑気に構えて、まだ店では使用していなかった。
 妻は「使わへんのに買(コ)うて」「かき氷なんか誰も注文はせーへんで」「シーズンが終わってしまうで」などとプレッシャーをかけられる中、先日たまたまテレビで「焼き氷」の報道を見た。
 「これや!」とピンときた私は早速ネットで「焼き氷」を調べた。それによると、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に登場して話題になった事や、明治時代後期頃に東京や大阪で食べられていた幻の氷菓と書かれていた。
 ネットにあるレシピを参考に約2週間、試行錯誤しながら当店風にアレンジして制作したのが動画の「焼き氷」です。
 明日から「焼き氷」と共にかき氷の定番メニューやフラッペ(カクテル)を当店で出します。お客さんに喜んでもらえるかな?。

 一句:人気に火がつくか気になる 焼き氷
 謎かけ:焼き氷とかけて、照明器具と解く。どちらも(火・灯)がともります
  1. 2014/07/28(月) 00:57:04|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

起死回生

 当店のカラオケ番付は、終盤を迎えて1位のM君が100点20個で、2位のTさんは100点6個とかなりの差がある。
 「100点がズラーッと並んでるのを見て戦意を喪失した。今月は優勝諦めたわ」とTさんはポツッと漏らした。
 しかし優勝の目標が無くなって気負いがとれたのか、いきなり100点を6連チャンで出した。

 客T「うわー、こんなん初めてや」
 私 「暑さでハンダが解けて、機械が故障したんと違うか」
 客T「そんな言い方は無いやろ」
 私 「あと100点9つでM君を抜くで。頑張りや」
 客T「まだ9つも?キツイなあ」
 私 「機械の調子が悪いこのキカイに一気呵成でいかんな」
 客T「ホンマやなあ。そやけど9曲以上も唄わなアカンやろ。明日、起きれるかなあ?」
 私 「起きんでも(逆転優勝したら)このまま死んでも思い残す事ないやん」
 客T「確かにそうやなあ。香典用意しといてや」
 私 「先に香典返しをくれたら、それで払うわ」
 客T「香典返しで香典を払うて、そんな香典てあるか?」
 私 「俺の香典の渡し方は、コウデンねん」
 Tさんは何や言いながらもカラオケ番付に挑戦し、28曲唄って100点を14個出しM君に並んだ。
 客T「1日に100点14個は自己最多や」
 私 「♪最多~さいたチューリップの花が~。千秋楽が楽しみやなあ」

 一句:諦めず コツコツ頑張り 起死回生
 謎かけ:起死回生とかけて、往復と解く。どちらも(生き返り・往き帰り)です
  1. 2014/07/27(日) 06:34:41|
  2. カラオケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

馴染みの店

 先日、長期出張で札幌から帰ってきたと言うS君がまた来て、今日は滞在中の話をした。

 私 「4か月も居てたら休みの日は、あっちこっち行ったんと違うの?」
 客S「そうや。北海道は全部回ったわ」
 私 「そうや、て宗谷岬の宗谷のダジャレか?」
 客S「そんなつもりで言うてないで」
 私 「俺、北海道に行った事が無いから行ってみたいなあ」
 客S「景色もええし、食べ物も美味いで」
 私 「そんなん聞いたら余計行きたなったわ。出張でも行こかな」
 客S「ここの商売で、出張てあれへんやん」
 私 「そんな事はシュッチョる。それが出けへんから歯がゆいわ」
 客S「札幌でママさんと娘さんが二人で切り盛りしてる馴染みの店も出来たで」 
 私 「4か月も出張してたら、現地に馴染みの店も出来るわなあ」
 客S「そうやねん。夜は退屈やから、エエ店を見つけたわ」
 私 「S君は歌が上手やからモテよ思て、よう唄(ウト)うたん違うの」
 客S「分かる?娘さんとデュエット、何回もしたで」
 私 「ママさんを射止める為に、まず娘さんに気に入られよ思てんねんやろ」
 客S「何でやねん!僕の母親ぐらいの歳やで」
 私 「ジョークやけどな。因みに馴染みになるってことはエエ店やねんなあ」
 客S「そやで。ママがエエ人で僕が仕事で小樽に行く言うたら、知り合いの店を紹介してくれたんや。ほんだら、そこのママがメチャ安くしてくれてん」
 私 「メチャ、安くしてもろたて、なんぼ負けてもろたん?」
 客S「生ビール10杯飲んで3000円にしてくれてん」
 私 「それ、メチャ安いわ」
 客S「そやろ。そやから札幌のママに電話したら『甘えとき、私がまた埋め合わせをするから』て言うたわ」
 私 「後で、カラダで払うのんと違うか」
 客S「なんでやねん、レズと違うで」
 私 「そうレズか」

 一句:出張先 馴染みの店で 羽根伸ばす 
 謎かけ:馴染みの店とかけて、コーヒーブレイクと解く。どちらも(行きつける・息つける)でしょう
  1. 2014/07/26(土) 05:03:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楯を突く

 歳の話をしていたら、77歳ながらも若々しい里見浩太朗の話になった。

 私 「里見浩太朗、若いなあ」
 客T「チャンバラ映画で殺陣をしてると足腰が鍛えられるからな」
 私 「タテは鍛えられるけどヨコは鍛えられへんで」
 客T「なんやねん、それ?」
 私 「ゴロゴロと横になってたら鍛えるどころか運動不足になるやん」
 客T「なんや、その縦かいな。怒るで!」
 私 「縦と横の話やのに、機嫌が斜めになるか~」
 客T「里見浩太朗と言えば、黄門さんを見るのが楽しみやったわ」
 私 「へえ、パンツをずらして鏡でお尻の穴を見るんか?」
 客T「その肛門と違う!いちいち楯突いて」
 私 「タテ突かんとヨコに着こか~」
 客T「いらんわ!」

 一句:ひねくれて いちいち楯突き 可愛げない
 謎かけ:楯を突くとかけて、攻められていたが逆に攻撃に回ると解く。どちらも(反抗・反攻)する
  1. 2014/07/25(金) 01:07:28|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洋梨体型

 50歳のA君のお腹が以前よりかなり出てきた。

 私 「A君、立派なお腹をしてるなあ」
 客A「そうやねん。歳をいくと下腹が肥えてきて、ヒキガエルみたいになったわ」
 私 「俺もヒトの事言われへんわ。だいぶ下腹が出てきたわ」
 客A「歳をいくと基礎代謝が落ちてくるからなあ」
 私 「キソタイシャ?出雲大社は知ってるけど、木曽に大きな神社があったかなあ?」
 客A「神社の大社と違う。新陳代謝の代謝や」
 私 「新入社員が会社を辞める事か?」
 客A「何で新入社員が出てくるのん?」
 私 「新人退社!」
 客A「もう、わざととぼけて~」
 私 「いや、歳をとると聞き違い勘違いが多いねん」
 客A「ホンマかいな」
 私 「お互いに下腹が出てきたらみっともないなあ」
 客A「世間では洋梨体型て言うんやてなあ」
 私 「俺は家では、もう“用無し”て言われてるわ」
 客A「洋梨と用無しかいな。男が歳をいくと使いモンになれへんから仕方ないで」

 一句:下腹が 加齢とともに 洋梨に
 謎かけ:洋梨体型とかけて、飛行機事故と解く。どちらも(脂肪・死亡)が多い
  1. 2014/07/24(木) 03:37:18|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌出張

a-sowa1.jpg

 4か月間の札幌出張から帰ってきた。向こうでレンタカーを借りてドライブをしたが、変わった信号機の設置や道路標識に驚いたとか。

 客S 「向こうの信号の設置がこっちと違って、前に大きなトラックが走ってたら見にくいねん。それで信号無視で捕まったわ」
 ママ「へえ、気を付けんなアカンなあ。Tさん、覚えときや」
 私 「覚えんでもエエで」
 ママ「何で?」
 私 「Tさんはもうエエ年やし、北海道へ行くことは無いやろ」
 客T 「いっぺん北海道へ行きたかってん。もう行く気力がないから死んだら霊柩車で連れて行って貰おかな」
 私 「それやったら自分で運転せーへんから、信号を覚えんでもエエわ」
 客S 「北海道の道路標識に変わったんあるで」
 客T 「どんなんあるの?」
 客S 「熊の絵とか、馬の絵とか」
 客T 「その動物に気を付けよ、という標識やな」
 私 「大阪のナンバやったら千鳥が歩いてる標識がいるなあ」
 客T 「どういう事?」
 私 「千鳥足の酔っ払いに注意や。ナンバは酔っ払いが多いからなあ」
 客T 「それやったらぎょうさん標識立てんなアカンから無理や」
 客S 「!(ビックリ)マークは何の標識か分かるか?」
 客T 「何やろなあ?こっちでは見た事が無いわ」
 私 「幽霊出没注意や。東京の青山霊園の近くにあるて聞いた事があるで」
 客T 「そんなん聞いた事が無いわ」
 私 「知らんか?幽霊だけにユウレイな話やで」
 客S 「それは都市伝説や。実際には無い。北海道の海岸線では、波越注意や」
 客T 「場所によって色々あるんやなあ」
 客S 「一番ビックリしたのは『河童の横断あり』の看板や。ホンマにいてるんかなあ?」
 私 「人里離れた道路やろ。河童はダジャレで、かっぱらいに注意て事やで」
 ママ「河童て実在せーへんからなあ」
 私 「なんでーな。行くところに行けば実在するで」
 ママ「何処に行ったら、河童とやらにお目にかかれるの?」
 私 「寿司屋や。かっぱ巻きてあるで」
 ママ「それは食べもんやん。アンタとはやってられへんわ」
 客S 「あ、僕がおかしなネタを出したばっかりに、夫婦の危機が訪れたわ」
 私 「大丈夫や。札幌の話では危機が訪れへん」
 客S 「なんで?」
 私 「ママの気性はサッポロしてるから、小さな事はこだわれへん」
 客S 「それ、サッポロと違ってサッパリやろ!」

 一句:札幌の 標識違うの しっちょうるか?
 謎かけ:札幌出張とかけて、軽く数回振ると温かくなると解く。どちらも(ホ~ホ~北海道・ホ~ホ~ホッカイロー)
  1. 2014/07/23(水) 06:02:52|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車の汚れを洗い落とす

 M君が「梅雨が明けたなあ」と店に入ってきた。

 私 「今年の梅雨、これっちゅう雨が降れへんかったなあ」
 客M「そうや、台風の時もぜんぜん影響がなかったなあ」
 私 「俺、台風が来る思て、車に洗剤をまいて待ってたけどアテが外れたわ」
 客M「暴風雨で車を洗お、思たんやな」
 私 「そうや、洗車は面倒やから、手間が省ける思たんや」
 客M「洗車をして直ぐに雨に降られて腹が立つ事もあるのにな」
 私 「それの逆手を取って雨で洗車しよ思たけど当てが外れて、洗剤を洗い流すのに洗車をして、かえって手間がかかったわ」

 一句:やな(嫌な)洗車 手を抜く為に 知恵絞る
 謎かけ:車の汚れを洗い落とすとかけて、陸軍の戦闘用重車両と解く。どちらも(洗車・戦車)です
  1. 2014/07/22(火) 01:58:58|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小指

 神経質な妻はしょっちゅう私に「爪、切った?」と聞く。

 妻 「爪、切った?」
 私 「切ったで」
 妻 「どれ、見せてみ。左手は切ってるけど、右手は切ってないやん」
 私 「ギタリストはみんな右手の爪は伸ばしてるねん」
 妻 「最近は全然、ギターを弾てないやん」
 私 「イザという時の為に、伸ばしてんねん」
 妻 「イザなんて全然ないやん。仮にイザがあっても弾かれへんわ」
 私 「ちょっと練習したら弾けるわ」
 妻 「屁理屈ばっかり言うて。因みに足の爪も切ったの?」
 私 「切ったで。見てみ」
 妻 「足の小指の爪、切って無いやん」
 私 「鼻くそをほじろ思て、伸ばしてんねん」
 妻 「手の小指はその為に伸ばしてる人はいてるけど、足の小指は聞いたことが無いわ」
 私 「足からず…」

 一句:小指立て これで会社を 辞めました
 謎かけ:小指とかけて、将棋と解く。どちらも(爪・詰め)があります
  1. 2014/07/21(月) 05:34:50|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変なオッサン

 ママが出勤する前の午後10時頃、店のドアが開いたので「いらっしゃいませー」と言うと、男性が店内を見渡してから帰った。

 客M「気ぃ悪いなあ」
 私 「いや、女性が居てないからやで」
 客M「何でーな。S子ちゃんとY子ちゃんが居てるやん」
 客T「お客さんではアカンねん。カウンターの中に女が居てないからやで」
 私 「俺が女装してもエエねんけど、ヒゲだけは剃りたないしなあ」
 客S「やめて、気持ち悪いわ」
 私 「そうやろ、そやからノーマルのままでいてるねん」
 客T「俺、アブノーマルなオッサン見たで」
 客S「何処で?」
 客T「鳳のスーパーや。頭はマスターよりもっと禿げてて眼鏡かけたオッサンが女子テニスの格好しててん」
 客M「マスターより禿げたオッサンがミニスカートかいな、キモイなあ」
 私 「そう言えば俺とこのお客さんで、昔、ブルマおじさんがいてたで」
 客M「あ、俺もパチンコ屋で見たわ。パチンコしてたらブルマ姿のオッサンが入って来て、思わずひいたで」
 客T「それとキューズモールに行った時も、変な格好のオッサンを見たわ」
 私 「どんな格好?」
 客T「ブルマに白タイツ、幼稚園児の黄色い帽子に赤のランドセルや」
 客S「想像しただけでも寒気をもよおすわ」
 私 「あ、そう?ほんだら俺も恥を忍んで女装しよかな?」
 客S「何で?」
 私 「寒気がするやろ?ほんだらクーラーの電気代、浮かせるやん」
 客S「電気代節約できるけど、その前にお客さんが来(ケ)ーへんで」
 私 「お客さんが来(ケ)ーへん様になったら、せっかく節約した電気代も払われへんなあ。こら、アカンわ」

 一句:変なオッサン 街を歩くと 皆がひく
 謎かけ:変なオッサンとかけて、ブルーインパルスの飛行と解く。どちらも(変態・編隊)です
  1. 2014/07/20(日) 06:16:32|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人扱い

 N子ちゃんの19歳の息子さんはIT関係で働いているとか。

 客N「ウチの息子、最近、相手にしてくれへんねん」
 私 「仕方がないで。ITの仕事で目一杯やから親のアイテーしてられへんねん」
 客N「この前までママ、ママて言うてたのに、働く様になったら変わったわ」
 私 「いつまでも子供や思てたらアカンで。大人扱いをしたらんな」
 客N「大人扱いの境はどこ?」
 私 「大和川から南や」
 客N「一体何のこと?」
 私 「大和川から南は…堺」
 客N「そこか~」
 私 「年齢云々ではなく、若かっても色んな事を感じて色んな事を考えて、ヒトに迷惑かけんとしっかり生きてたら大人扱いしたらエエねん」
 客N「たまにはエエこと言うやん。マスターには似合えへんなあ」
 私 「似合えへんは余計や。タマが付いてるだけにタマにはエエこと言わせてんか」
 客N「役に立てへんタマをぶら下げて…」
 私 「ごめんな。あそこは子供扱いやねん」

 一句:成長し 大人扱いの 我が息子
 謎かけ:大人とかけて、徳の高い僧と解く。どちらも(成人・聖人)です
  1. 2014/07/19(土) 05:11:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

差別語

 K子ちゃんの娘さんは小五ながら体重が50kgがあり、同級生の悪ガキに時々差別語でなじられ泣いて帰って来くるとか。たまりかねてK子ちゃんは昨日、学校に電話をしたとか。

 私 「へえ、学校に電話かけたんかいな」
 客K「担任を呼び出してもらって苦情を言うてん」
 私 「担任はタンニン(堪忍)言うて謝ったとか…」
 客K「差別語で個人をイジメるのはダメでしょ。学校では教えてないのですか!って言ってん」
 私 「差別語とは?」
 客K「ブタ、チビ、ハゲ…、あ、マスター、ゴメン…」
 私 「エエねんで、好きなアイスクリームをくれたら…」
 客K「マスターの好きなアイスクリームとは?」
 私 「ハーゲーダッツうの」
 客K「自分で言うか…」

 一句:差別語で 人をいじめちゃ いけません
 謎かけ:差別語とかけて、危険な地域と解く。どちらも(言っては・行っては)いけないでしょう
  1. 2014/07/18(金) 06:13:24|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

算数

 店に来たスナックのママが素敵なネックレスとしていた。

 私 「素敵なネックレスしてるね。高かったんと違うの?」
 客 客S「あ、これ?私の五十路の誕生日にお客さんに貰ってん」
 私 「へえ、そのお客さん、甲斐性があるんやね。エエおっちゃんやなあ」
 客 客S「おっちゃんと違うで。私よりずっと若いで」
 私 「へえ、その子、何歳?」
 客 客S「私より11歳年下やから…」
 私 「55歳?」
 客 客S「何歳や、私は!足し算出来るんかいな」
 私 「あ、足し算ね 間違えて、あたし残念」
 客 客S「クサイおやじギャグを言うてんと、算数の基礎から勉強しーや」
 私 「イー、アル、サンスウ…」
 客 客S「それ、中国語の1、2、3やんか。そのサンスウと違う!」
 私 「俺、数学は得意やけど算数は苦手やねん」
 客 客S「算数が出来んな数学は出けへん!」

 一句:算数の 成績良い人 九九得意
 謎かけ:算数とかけて、食器と解く。どちらも割ったり(掛けたり・欠けたり)する時もあります
  1. 2014/07/17(木) 14:36:09|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年W杯決勝

 両チーム、怪我人も出す激しいバトルの末、ドイツがアルゼンチンを1-0で競り勝ち4回目の優勝を果たした。

 ママ「ワールドカップの決勝戦、見た?」
 客M 「見たで。朝、早よ起きたからしんどかったわ」
 私 「俺らは試合は6時に終る思てたから、延長戦で7時になったのでしんどかったわ」
 ママ「そうそう、延長戦も同点でPK戦になったらどうしよか思たわ」
 客M 「延長後半の残り7分に変ったばかりのゲッツェが決勝弾!」
 私 「ゲッツ!で時代を築いたダンディ坂野に代わって、これからはドイツのゲッチェの時代やで」
 ママ「活躍する場所が違うがな」
 客M 「決勝だけに緊迫した、エエ試合やったね」
 ママ「しやけどメッシはあんまり動いてなかったなあ」
 客M 「お腹空いてたんと違うか」
 ママ「なんで?」
 客M 「メッシだけに、メッシ食べて無かったんやで」
 ママ「うまい事、言うやん。でもメッシは58億円ももろて、お国の為にもっと働かんなアカンよね」
 私 「メッシに払ろてんのは、アルゼンチンと違(チゴ)て、バルセロナ(スペイン)とスポンサーやん」
 ママ「あ、そうか」
 私 「しやけど今回の大会でメッシがMVPやて」
 ママ「予選の4点のみで決勝トーナメントは無得点やん」
 客M 「一番活躍したんはドイツのノイアーやで」
 私 「ノイアーは最優秀ゴールキーパーを受賞してん」
 ママ「ノイヤーに最優秀ゴールキーパー賞とMVPの二つやってもエエのになあ」
 客M 「一人に2つもやられへんねん」
 私 「ノイアー、モ、イヤ~(嫌~)。FIFAは頭が固いなあ」
 ママ「私は凄いプレーをしたロッペンにやって欲しいわ」
 私 「ママは何回も言うで」
 ママ「私、何回も言うか?」
 私 「ああ、言うで。六っぺん」
 客M 「メッシの最後のフリーキックはなんぼなんでも酷かったね」
 私 「一から鍛えなおさんなアカンなあ」
 ママ「あれだけの選手、どない鍛えるのん?」
 私 「メッシだけに滅私奉公」
 ※1.滅私奉公=私心を捨てて公の為に尽くすこと。

 一句:W杯 踏んだり蹴ったりの 格闘技
 謎かけ:2014年W杯とかけて、ゴッホの絵画を58億円で競り落としたと解く。どちらも(ドイツが勝った・どいつが買った)でしょう
  1. 2014/07/15(火) 06:22:19|
  2. sports
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謎かけの方法

 私はブログに謎かけを書いているが、作り始めたのはWコロン・ねづっちの影響を受け、ボケ防止に最適と判断したからである。
 ちょっとした練習でコツを掴んだら謎かけは作れます。皆さんもボケ防止?あ、失礼!脳トレに役立つので「謎かけ」にトライしてみては?
 例題を「自動車」とします。『自動車とかけて、(イ)と解く。どちらも(ロ)』
 ①「お題」に関連する単語(ロ)を思い浮かべる。
  まずはお題の「自動車」に関連する単語を思いつくままに並べる。早い、便利、タイヤ、ハンドル、ミラー、ライト、トランク、ドライバー…。
 ②①から使えそうな単語(同音異義語)を選択。
 これが謎かけのキーワードで、①の中の「ライト」は右のライトと共通、「トランク」は旅行カバンのトランクと共通する。
 ③単同音異語のペアを見つけたらオチを考える。
 次に2つの意味を視野に入れながら(ロ)でどういう文を作るかを決める。
 Ⓐ「右=左の反対、利き腕、保守的、野球の右翼」Ⓑ「旅行カバン=旅の必需品、寅さん」などが考えられる。
 例えば、「ライト」を例に考えよう。まず、自動車に対すてライトは何なのかを考える。Ⓒ「照らす」「光る」「明かり」。
 Ⓐ群とⒸ群のなかからこじつけて結べる語句を探すと「野球の右翼の好守備」と「光る」が結び付けられます。
 ④かける言葉を決める。
 (ロ)のオチが決まったら、最後に(イ)にどんな語句を入れるかを決める。
 「野球の右翼おの好守備」を「右翼手のファインプレー」と変えても良いと思う。
 『自動車とかけて、右翼手のファインプレーと解く。どちらも(light・right)が光ります』
 ここではあまり難しく考えず、(ロ)の語句に対して無理のない言葉を素直に持ってくるようにする。
 因みに「トランク」は『自動車とかけて、旅行の思い出と解く。どちらも(トランク)には沢山(積・詰)めます』

 一句:謎かけを 覚えて皆の 人気者
 謎かけ:謎かけとかけて、行方不明の城主を見つけたと解く。どちらも(と、殿いました・整いました)~
  1. 2014/07/14(月) 01:44:06|
  2. おもしろい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サラダ

 お客のK子ちゃんと健康維持の話から野菜を食べる話になった。

 私 「野菜を食べてるか?」
 客K「健康の為に毎日食べてるよ。マスターも食べてるの?」
 私 「ああ食べてるで。カラダはサラダにエエからなあ」
 客K「サラダはカラダにイイ、でしょ」
 私 「べっぴんを前にするとアガって言い間違えるわ」
 客K「口が上手ね。私も毎日サラダを食べてるわ」
 私 「フルくてもサラダ…」
 客K「サラダは新鮮な野菜に限るよ」
 私 「ダジャレやがな。サラダを盛る食器はは皿ダ、みたいに…」
 客K「なるほど、そう言う事やったん?」
 私 「因みにサラダにかけるドレッシングは何?」
 客K「タルタル・ソース」
 私 「タルタルソースは多めにかけんなアカンねんやろ」
 客K「どうして?」
 私 「タルタル・ソースが少なかったら、タランタラン・ソースになるやん」
 客K「はい、はい」

 一句:毎日の 新鮮サラダで 健康に
 謎かけ:サラダとかけて、人口減少は行政の悩みと解く。どちらも(ヘルシー・減る市~)です
  1. 2014/07/13(日) 05:03:13|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風

 大阪は、台風が来るとの予報があっても、いつも逸(ソ)れる。

 客N「台風、また逸れたなあ」
 私 「そやねん。せっかく用意して待ってたのに…」
 客N「お客さんじゃあるまいし、台風にどんな用意をしてたん?」
 私 「窓に板を貼って…」
 客N「今どき、大阪でそんな家は無いで」
 私 「ホンマは家の壁に洗剤を振りかけててん。ほんだら台風がシャワーになって汚れを落としてくれるやろ」
 客N「ホンマかいな」

 一句:台風に 嫌われてるの? 大阪は
 謎かけ:台風とかけて、両親が認めた若いカップルと解く。どちらも、やがて(一過・一家)になります
  1. 2014/07/12(土) 05:22:45|
  2. 天候
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蝉の鳴き声

 今日の昼過ぎ、台風が接近中というので窓の外を見ると穏やかな風が吹き、空は晴れ渡っていた。そしてセミの鳴き声が聞こえた。

 妻 「何で今頃、セミが鳴くのん」
 私 「大体、梅雨明けに鳴き始めるのに。時差ボケやなあ」
 妻 「ホンマやね」
 私 「最近は異常気象やから蝉もいつ出てきたらエエのんか分かれへんねんで」
 妻 「今は台風が接近中やしね」
 私 「蝉が強風に吹かれたら、どない言うか知ってるか?」
 妻 「なによ、それ?分かる訳ないやろ」
 私 「蝉だけに、『セミーな』て言うねん」
 妻 「あんたのダジャレの方が、『セミーな』やわ」
 私 「どうも、セミません」

 一句:会話ネタ 時期尚早の 蝉の声
 謎かけ:蝉鳴き声とかけて、日光の三猿で目を隠している猿と解く。どちらも(ミン、ミン・見ん見ん)です
  1. 2014/07/11(金) 03:51:49|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つっ込み

 先日の出張のお客さんとは別の出張客が2人で来た。年の頃なら2人とも50歳前ってところかな。

 客A「タイガース・ファンと違いますけど、いけますか?」
 私 「はい、大歓迎ですよ」
 客B「この店、タイガース・ファンは多いんですか?」
 私 「いえいえ、今日日、お客さんを選んでたら商売が上がったりになるので八方美人でしてます」
 客A「男でも八方美人と言うんですかねえ?」
 私 「男やったら月亭八方かな」
 客B「それは落語家でしょ」
 私 「そうか、八方尾根は?」
 客B「それは北アルプスですよ」
 私 「発泡スチロール!」
 客B「やぶれかぶれですか?」
 私 「う~ん、八方ふさがりやなあ」
 客A「結局、男でも八方美人と言うんですねえ」
 客B「それにしても、大阪の人はボケるのが好きなんですね」
 私 「大阪人はみんな漫才師て言われてるから、期待に応えよ思てんねん」
 客A「でもボケてばっかりで、ツッコミがなかったら漫才にはなりませんよ」
 私 「俺とこのツッコミは後で来るママや。男女逆転夫婦ねん」
 客B「男女逆転夫婦?」
 私 「普通、男が突っ込んで女は突っ込まれるやろ。俺とこは嫁が突っ込んで俺が突っ込まれるねん。そやから男女逆転夫婦や」
 客A「その突っ込みは意味が違いますよ」
 私 「ホンマやなあ、子供が出けへんモンなあ」
 客B「・・・・・」

 一句:漫才は つっ込みなくては 成り立たぬ 
 謎かけ:つっ込みとかけて、良い映画を観た後と解く。どちらも(相方・あ~いかった)の言葉が欲しいです
  1. 2014/07/10(木) 05:05:57|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学生結婚

 62歳のH子さんに21歳を筆頭に6人の孫がいてるとか?

 私 「21歳の孫て、H子ちゃん、一体何歳で結婚したん?」
 客H「20歳の時、学生結婚やねん」
 私 「学生?中学生で?」
 客H「何で中学生で結婚できるのん。大学生の時やん」
 私 「それにしても21歳の孫がいてるとは思えへんなあ」
 客H「私とこは早婚の家系やねん」
 私 「草魂?鈴木啓示の座右の銘やなあ」
 客H「鈴木啓示て誰?」
 私 「元・近鉄バファローズの投手や。草魂とは、踏まれても踏まれても立ちあがるという意味やねん」
 客H「私の早婚は若い年齢で結婚する事よ。私の母親も81、18歳で結婚してん。だからひ孫がいてても可笑しくないねん」
 私 「6人の孫にひ孫まで出来たら、ひー!マゴつくわ~、言うてうろたえるで」
 客H「6人も7人も一緒よ」
 私 「H子さんは肝っ玉婆さんやなあ」

 一句:早い目の 学生結婚 孫も早い
 謎かけ:学生結婚とかけて、草の根ととく。どちらも(早婚・草根)です
  1. 2014/07/09(水) 02:32:20|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独りよがり

 お客のYさんが伍代夏子の“ほろ酔い酒場”を唄い終わってから一言…。 

 客Y「ここはほろ酔いスナックやなあ」
 私 「いや、悪酔いスナックやで」
 客Y「なんでーな?」
 私 「お客さんがそれぞれ好きな事を言うて、俺、我慢してるから悪酔いするわ」
 客Y「マスターのダジャレの連発の方が悪酔いするで」
 私 「ウケてると思うけどなあ」
 客Y「ウケてると思てるのはマスターだけや」
 私 「Yさんが歌が上手いと思てジャンジャン歌うのんと一緒かいな」
 客Y「独りよがりはお互いさまってことか」

 一句:独りよがり 相手気にせず マイペース
 謎かけ:独りよがりとかけて、高速道路での死亡はいつ起きる?と解く。どちらも(自己中・事故中)です
  1. 2014/07/08(火) 02:40:44|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便秘症

私は頑固な便秘症である。毎日、乳酸菌飲料を飲んでいるが、それでも3日程お通じが無い時があり、心配性の妻は毎日私に便通の事を聞く。

妻 「今日はどうやった?」
私 「アカンなあ、今日で3日無いわ。電話代払(ハロ)て無いからかなあ」
妻 「便秘と電話代の未払い、どない関係あるのん?」
私 「どっちも、通じない」
妻 「冗談言うてる場合と違うで。とにかくしっかり植物繊維を食べやなアカンで」
私 「よっしゃ」とカッターシャツを嚙んだ。
妻 「何してるのん?」
私 「繊維を食べてんねん」
妻 「その繊維では無理」

一句:便秘症 オヤジと一緒で 頑固です
謎かけ:便秘症とかけて、大型豪華客船と解く。どちらも(繊維・船医)が必要です
  1. 2014/07/07(月) 06:25:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張客

 一見のお客Oさんが来た。会社は千葉県で1週間ほど堺に出張で来ているとか。居合わせたK子さんが色々と尋ねた。 

 客K「お仕事は?」
 客O「橋梁関係」
 私 「恐竜?USJのテーマパークの仕事をしてるのん?」
 客O「橋の橋梁だよ」
 客K「何処にとまってはるのん?」
 私 「橋梁関係だけに、今日寮か?」
 客O「こっちに寮は無いっすよ。駅の西にあるホテルです」
 私 「ああ、ジャイアント馬場のホテルか?」
 客K「ジャイアント馬場のホテルて、なによ、それ?」
 私 「アッパ~…アパ・ホテル」
 客K「関東からの出張の人にダジャレを言うてもウケへんよ」
 客O「その内に、慣れるでしょう」
 私 「出張が1週間では、慣れた頃には大阪には居てへんで」
 客K「ホンマやね」

 一句:出張客 夜は退屈 羽根伸ばす
 謎かけ:出張客とかけて、ムショ帰りのヤクザと解く。どちらも(泊・箔)が付いて喜ぶ
  1. 2014/07/06(日) 06:14:32|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫県・野々村議員

 兵庫県の野々村議員が政務活動費の不自然な支出を指摘され、取り乱して号泣する姿がテレビで放送され、日本国内だけでなく世界各国でも話題となっている。

 ママ「西宮の野々村議員の会見のテレビ、見た?」
 客Y 「あ、見た見た。ここ数年で一番笑(ワロ)たわ」
 私 「文句なしに面白い。最初、何かのお笑い番組やと思たわ」
 ママ「その影響で、アスカの話題が消えたなあ」
 私 「アスカ、この時を狙(ネロ)て出てきたんかなあ」
 ママ「それは無いと思うわ。それにしても、あの会見は格好悪いね」
 私 「世界中で話題になってるらしいね」
 客Y 「日本はナメられるで」
 私 「元々ナメられてるがな」
 客Y 「ホンマやなあ。外交がヘタやからなあ」 
 ママ「都合悪い時は耳に手を当てて聞こえにくいフリをして」
 私 「鶴田浩二みたいやなあ」
 客Y 「鶴田浩二は若い頃に、薬の副作用で左耳が難聴になったんや」
 ママ「下手な漫才より面白いなあ」
 私 「R-1グランプリがあったら優勝するで。2位は大差で佐村河内」
 ママ「佐村河内はイマイチやけど、野々村議員はこの店でも当分は盛り上がるわ」
 私 「西宮には貢献してないけど、ネタにしてる漫才師もいてるから貢献してるなあ」
 客Y 「アンガールズ田中も号泣会見のモノマネをして大ウケしてたわ」
 私 「面白いネタを提供してくれて、田中もアスカもテレビ局も俺らも感謝せんなアカンなあ」
 ママ「ホンマやわ。因みに野々村議員、結婚してるのかなあ?」
 客Y 「独身で嫁も子供もいてへんわ」
 私 「よかったなあ、子供がいてたらイジメにあうとこやで」
 ママ「それにしても、子供みたいな議員やね」
 私 「いや、子供以下やで」
 客Y 「泣いて謝れば済むと思っているのかなあ」
 私 「泣きかたで笑わされ、飲み方で笑わされ、何回見てもウケるわ」
 ママ「議員を辞めて芸人になったらエエねん」
 私 「なにとぞ平常心をもって記者会見の質問をお受けしたいと思います。て言うてたけど自分が乱れてたやん」
 客Y 「そうそう、それに選挙公約では不正経理の追及、税金の無駄遣いを正さなければなりません。て言うてたらしいで」
 ママ「どの口が言うてんねん、て言いたいわ」
 私 「やっと議員になったんです。この日本…世の中を変えたい。て、日本を世界中の笑いものに変えたなあ」
 客Y 「我が県のみならずぅー!西宮…日本人の問題やないですかぁ…。本人の心がけの問題やで」
 ママ「ネタが尽きないね」
 私 「さっき感謝せんなアカンて言うたけど、よう考えたら営業妨害になるなあ」
 ママ「何で?」
 私 「このネタで持ち切りやから、誰もカラオケ歌わへんがな」

 一句:号泣で 笑わせ過ぎやで 野々村君
 謎かけ:野々村議員とかけて、田中将大の投球と解く。どちらも(号泣・剛球)です
  1. 2014/07/05(土) 07:20:05|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

達筆

 当店でカラオケを唄い85点以上が出たら、番付表に載せる為に氏名を記帳してもらう。20代のS子ちゃんは87点が出たので早速、記帳してもらった。

 私 「S子ちゃん、字、上手やなあ」
 客S「なんでやのん、走り書きやん」
 私 「え、走りながら字を書くのん?今度、大阪マラソンに出たら」
 客S「急いでさっさっと書くことを走り書きて言うねん」
 私 「それにしても、上手やわ。習字2段?」
 客S「何処を見て言うてるのん?」
 私 「お腹。2段腹やから」
 客S「女の子に対して失礼な!3段腹よ!」
 私 「俺、遠慮して言うたのに、正直でよろしい」
 客S「女性に恥ずかしい事を言わせて…。因みにマスターはどんな字を書くのん?」
 私 「俺か?俺は達筆やで」
 客S「自分で言うか…」
 私 「立って字を書くから、立っ筆や」

 一句:悪筆家 達筆の人に 憧れる 
 謎かけ:達筆とかけて、お金の使いっぷりが良いと解く。どちらも (はらい・払い)がキレイである
  1. 2014/07/04(金) 03:15:23|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 Tさんが桃を3つくれたので、お客さんに切り分けた。

 客Y「この桃、美味しいね」
 私 「俺も桃が好きや。特に太腿が」
 客T「そのモモは食べられへん!」
 客I「俺もモモが好きや。モモの唐揚げ」
 客Y「食べられるけど果物じゃないやん」
 客T「桃は栄養や効能があって、中国では昔から『不老長寿の仙果』といわれ長寿の象徴とされてたんや」
 私 「長寿やったら日本にも桃以外にあるで」
 客T「何?」
 私 「梨の長寿郎」
 客T「それ、長十郎や。この品種を発見した人の家の屋号や」
 私 「ちょうじゅうこと!」
 客I「Tさんは、モノ知りやね」
 私 「こういう場合は、モモ知りて言うねん」

 一句:桃食べて 長生できれば 儲けもも
 謎かけ:桃とかけて、大相撲と解く。どちらも(白鳳・白鵬)の存在があります
  1. 2014/07/03(木) 04:02:53|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三日坊主

 元文学少女のK子さんが何かメモをしている。

 私 「詩を書いてるの?」
 客K「スケジュールよ。一年間の予定がビッシリよ」
 私 「日記は書けへんの?」
 客K「日記だと何日か経つと、白いページがいっぱいになるわ」
 私 「三日坊主になるか。ほんだら三日坊主日記を売り出したら白いページが無くなるで。売れるかも?」
 客K「たった3日では物足りなさ過ぎるわ」
 私 「ほんだら30日日記とか150日日記とか365日日記を出して、おんなじ値段にするねん」
 客K「それじゃ30日日記とか150日日記は損やん」
 私 「そうやろ、ほんだら365日日記を買うやん。勿体ないから365日書けへんか?」
 客K「三日坊主は、3日しか続かないから三日坊主て言うんよ」
 私 「よっしゃ、三日坊主は3日は必ず書くから、『三日坊主×122日記』を売ろ。3日分を1区切りにして三日坊主が122回で366日や。これやったら一年続くで」
 客K「なんか、騙された気分になるわ」

 一句:三日坊主 ほとんど白紙の 日記帳
 謎かけ:三日坊主とかけて、不人気な賃貸マンションと解く。どちらも直ぐに(飽き・空き)ます
  1. 2014/07/02(水) 04:29:09|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和服

 M子ちゃんが演歌を唄っていたらモニターに和服姿の女性が出てきた。それを見た年配のYさんが一言…。

 客Y「こんな和服姿の女将さんの居酒屋に行きたいなあ」
 私 「最近は和服を着てる居酒屋のママはいてないで」
 客Y「着こなしや手入れや保管が面倒やし、汗をかいたり汚れたりしたらクリーニング代が高くつくからなあ」
 私 「和服は買う時は高い割には売る時は二束三文やし」
 客Y「昔は質に入れたらエエ値段で引き取ってくれたけどなあ」
 私 「昔、七五三の着物を質に入れたら予想してたより安かったわ。これを質誤算て言うんやで」
 客Y「値段は生地にもよるけどな」
 私 「ウールは高い羊毛だけに、羊毛で借るのは、ヨウモウかる」
 客Y「よう儲かるかどうか分からんけど、まあエエ値段では取ってくれるわ」
 私 「化繊やったら貸せん…」
 客Y「木綿は?」
 私 「木綿は値段でモメンなあ」
 客Y「麻は?」
 私 「麻は質に入れんと、アサって着るわ~」
 客Y「とにかく今は、絹の和服は着ぬ(絹)、みたいなもんやなあ」

 一句:手間かかる 和服着る人 今、わずか
 謎かけ:和服とかけて、招き猫と解く。どちらも(お着物・置物)です
  1. 2014/07/01(火) 05:11:26|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0