FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を謎かけを添えて書きます。

自動運転

 最近の高齢者ドライバーによる交通事故の増加で、運転免許の返納について話題になることが多い。

 客T「マスターは何歳やのん?」
 私 「俺は71歳や」
 客T「まだ運転免許証の返納はせーへんのか?」
 私 「俺は商売をしてるから、仕入れにどうしても車が要るから免許証は必要やねん」
 客T「何歳まで商売をするのん?」
 私 「元気なうちはずっと頑張りたいなあ」
 客T「体は元気でもボケてきたらクルマの運転は危ないで」
 私 「免許返納に行った高齢者が、今日は車で来たけれど帰りはどうしょう、と言う人もいてたな」
 客T「免許を返納した高齢者が免許を返納したのを忘れて、車を運転して事故を起こす時代やからな」
 私 「そのうちに車は自動運転になるし、その車やったら大丈夫やろ」
 客T「ホンマやなあ」
 私 「そないなったら飲酒運転になれへんから、車で来る客も増えるかも?」
 客T「ほんだら免許証を持っとかんな車が買われへんなあ。俺も運転免許証の返納はせんとこ」
 私 「そうやろ。そやから俺は運転免許証の返納はせーへんで」
 客T「完全自動運転やったら免許証も要らんかもな」
 私 「ほんだら子供でも乗れるで」
 客T「まさか、子供はアカンやろ」
 私 「児童運転て言うやん」
 客T「その児童と違う!」

 謎かけ:自動運転とかけて、アウトロー刑事と解く。どちらも勝手に(操作・捜査)をします
スポンサーサイト



  1. 2019/11/29(金) 06:57:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神対応

 いつもカウンターの正面に座っていたKさんが、初めてカウンター内を見渡せるコーナーの端に座った。
 
 客K 「ママ、前から見たら思えへんかったけど横から見たら薄いなあ」
 ママ「体が細いのを通り越して薄いかいな」
 客K 「俺の周りでこんな体の薄い人は誰もいてへん、初めて見たわ」
 私 「服を脱いだらレントゲン写真みたいやで」
 ママ「それは言い過ぎでしょ!」
 私 「しやけど、お父さんに紙みたいな身体やな、と言われてたやん」
 ママ「私が少食やから、心配して言うたと思うわ」
 客K 「紙みたいな身体やったら風が拭いたら飛ばされるで。台風やったら何処に飛ばされるか分からんなあ」
 私 「大丈夫、その時はセロテープで壁に貼り付けるから」
 ママ「ホンマやなあ。それやったら強風に飛ばされへんわ」
 私 「これを紙対応て言うねん」
 客K 「神対応ではなく糸偏の紙対応かいな。上手い事を言うなあ」
 ママ「私の身体で遊ばんといてんか!因みにガムテープではなくセロテープかいな」
 客K 「紙みたいやったらセロテープでエエやん」
 ママ「私を紙、紙、と言わんといてんか」
 私 「仕方が無いやん。ママは4俺のカミさんやん」
 客K 「上手いこと、持っていくなあ」

 謎かけ:神対応とかけて、王貞治さんの胃癌摘出手術後と解く。どちらも(いい対応・胃痛い王)でした
  1. 2019/11/28(木) 04:35:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーダーメード

 A君はボーナスが入ったので、二十歳になる息子さんにオーダーメードのスーツを買ってやるととか。

 私 「オーダーメードやったら高いのんと違うのん?」
 客A「ミナミで安いとこを見つけたんやけど、10万円で誂えてくれるねん」
 私 「ほう、10万円でかいな。生地も付いてるんか?」
 客A「当たり前やがな。採寸して型紙だけでは着られへんがな」
 私 「それもそうやな。まあエエのん1着持ってたら結婚式の時にも着れるしな」
 客A「結婚式は礼服やで」
 私 「ああ、燕尾服(エンビフク)なあ」
 客A「燕尾服て古い言い方やなあ。今はタキシードやで」
 私 「ああ、演出家としての滝沢秀明」
 客A「滝沢秀明?」
 私 「演出家としての滝沢秀明=タッキー指導=タキシード…」
 客A「苦しいダジャレやなあ」
 私 「因みに買うのんはスーツだけか?」
 客A「ついでにオーダーメードでYシャツも作ったるねん」
 私 「Yセツ?A君はエッチやからなあ」
 客A「Yセツと違う、Yシャツや」
 私 「A君は買えへんのか?」
 客A「俺はブレザーや」
 私 「ブラジャー?オカマになったんかいな?」
 客A「ブラジャーと違う、ブレザーや。ボケてばっかりやなあ」

 謎かけ:オーダーメードとかけて、腰の低い人と解く。どちらも(仕立て・下手)に出るのが普通
  1. 2019/11/27(水) 05:16:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和

 久しぶりにR子さんが友人のU子さんを連れて来店。R子さんが60歳の定年を機に友人と3人で会社を立ち上げるとか。

 客R「今度、このU子さんともう一人の友達と会社を立ち上げるねん。マスター、応援してね」
 私 「3人で?。毛利元就(モウリモトナリ)の3本の矢みたいに、しっかりした会社になるのと違うか」
 客R「3人はたまたまやけど、1人でするより心強いわ」
 私 「どんな会社を作るのん?」
 客R「女性目線を生かした新しい商品を作って売ろうかなあと思ってるねん」
 客U「なんかアイデアは無いかなあ」
 客R「令和になった事やし令和の名前を冠したティーパックはどう?」
 私 「うん、それエエなあ。俺が穿いてCMに出ようか?」
 客R「穿く?ティーバックと違ってお茶のティーパックよ」
 私 「ああ、お茶かいな。オチャン、勘違いしたわ」
 客R「もう、このオッチャンは」
 客U「お茶もイイけど、それだけでは売り上げが少ないよ」
 客R「令和キャンデーはどうかしら?」
 私 「キャンデーだけに、その考えはアメ~なあキャンデーで儲けよと思てもアキャンデ~」
 客R「マスターはダジャレのアイデアばっかりで、肝心な商品のアイデアは無いの?」
 私 「令和ラーメンはどうや?」
 客R「それは麺だけに、作るのメンドウやね」
 私 「R子ちゃんもダジャレを言うてるやん」
 客U「令和カレーはどう?」
 私 「カレーか、俺はカレーなら得意やで。ほら俺の臭いもカレーや」
 客U「それは加齢臭でしょ」
 私 「辛い目のカレーを出して、通にお勧めのカレー、令和カレーはカレイワ!と言うのんはどう?」
 客R「うん、それイイわ。令和の文字が面白くインプットされてて」
 客U「ホンマやね。マスター、有り難う」
 私 「うん、大したことはない。レイワいらんで」

 謎かけ:令和とかけて、憧れの人と会ったととく。どちらも(平成・平静)でいられません
  1. 2019/11/26(火) 05:01:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種明かしシリーズ264 不思議なBOX

第264回目はトランプのケースを使ったマジック『不思議なBOX』です。トランプのケースに左手で上がる様にマジナイを掛けますと、なんと、ケースの中のトランプが次々とせり上がりました。次に下がる様にマジナイを掛けると下がります。見てても分からない不思議な現象が起きました。

☆YouTube⇒https://youtu.be/mFu9ihvE0X4
  1. 2019/11/25(月) 05:33:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トイレマット

 妻がデザイナーのネーム入りの新しいトイレマットを敷いた日、私はトイレから出てきて妻に「あのマットはなんやねん。他に気の利いたマットは無かったんかいな」とぼやいた。
 すると妻は「これはデザイナーズブランドのオシャレなマットやで」と反論。そして「もう一回よう見てみ」と言ったので、トイレのマットをよく見たら『JUNKO』のネーム。つまり私は『J』の文字を踏んでいたらしく『UNKO』に見えたのだ。

 謎かけ:トイレマットとかけて、身柄の拘束と解く。どちらも(抗菌・拘禁)もあります
  1. 2019/11/24(日) 05:21:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカの曲

 H君がアメリカの曲を上手に唄った。居合わせたお客のTさんはベタ褒めだ。

 客T「めっちゃ上手いなあ。歌手並みやで」
 私 「特に発音がエエナア」
 客T「そうそう、外国人みたいやわ」
 私 「そうや、外国人から見たら、外国人や」
 客T「当たり前やがな」
 私 「H君は痩せてるからガイコツ人…」
 客T「何を訳の分からん事を言うてんねん」
 私 「H君は英会話教室に行ってたんか?」
 客H「いえいえ。海外に行っててん」
 私 「海外て、中国か?」
 客T「何で中国に行ってて英語が上手くなるねん!英語圏やろ」
 客H「仕事の都合でアメリカとオーストラリア、それぞれ1年」
 客T「へえ、すごいなあ。それだけでそんなに英語が上手くなるのん?」
 私 「俺も昔、海外に行った事あるけど英語はよう喋らんわ」
 客H「へえ、マスターも海外へ?何処に行きはったん?」
 私 「四国や」
 客H「四国は日本語や。英語は喋れへんわ」
 客T「それに四国は橋で繋がってるから、海外とは言わんで」
 私 「昔や。橋の無い頃は飛行機か船でしか行かれへんかってん」
 客T「そらそうや」

 謎かけ:アメリカの曲とかけて、酒と泪と男と女と解く。どちらも(英語・英五)の歌です
※英五=河島英五
  1. 2019/11/23(土) 06:40:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沢尻エリカの代役

 合成麻薬MDMAの所持容疑で沢尻エリカが逮捕された事件を受け、沢尻エリカが出演予定だったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の代役に貫地谷しほり、水川あさみら実力派5人前後に絞られ、一両日中に決定するとか。

 客G「沢尻エリカの代役に俺の好きな貫地谷しほりが候補にあがってん」
 私 「かんじやて、どんな漢字や」
 客G「貫くの貫、地面の地、谷の谷で貫地谷や」
 私 「性格はどんなカンジ?」
 客G「感じのエエ子やで」
 私 「エエ子やったら同窓会では絶対にカンジ(幹事)や」
 客G「さっきから聞いてたら、カンジヤのダジャレばっかり言うてるやろ」
 私 「分かった?」
 客G「分かるわ。しやけどさすがにもう無いやろ」
 私 「もう一つあるで」
 客G「何や?」
 私 「貫地谷の好きな男性アイドルグループは関ジヤニ…」
 客G「こじつけやなあ」
 私 「まあ、こんな感じや」

 謎かけ:代役とかけて、 後ろへさがると解く。どちらも(交代・後退)します
  1. 2019/11/22(金) 06:10:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森田健作知事

 千葉県の森田健作知事が台風15号が上陸した翌日の9月10日、県庁から約30km離れた芝山町の自宅に公用車で帰った問題で、知事がその翌日の会議で「樹齢80年の木が倒れた」などと、自宅の被災状況を語っていた事が会議録で判明、とニュースで報道。

 客H「県民の命より、木が倒れた方を選んだんかいな。知事失格やなあ」
 客K「今回の問題が発覚してから登庁しないでサボってた事や政治資金ネコババも露呈」
 私 「青春ドラマ『俺は男だ!』の爽やかなイメージがダウンしたね」
 客H「だから、ウソつかずに正直に始めから言ったら良かったのに」
 私 「それはそれで、自分の家を優先した事はアカンで」 客K「ホンマやなあ。まあ、言い訳せんと直ぐに謝るとよかったのになあ」
 私 「それやったらまだキズは浅かったと思うのに嘘っぽい言い訳ばっかりや」
 客H「ウソはウソを生む」
 私 「嘘が多いと何を言うても疑ってしまうわ。森田健作から森田詮索(センサク)になるな」
 客H「県民から信用されん様になったら終わりやで」
 私 「知事として恥ずかしい。知事の字は恥ずかしい字に変えて森田恥事やで」
 客H「ホンマやなあ」
 客K「嘘の言い訳にあたふたして、グラスを持つ手が震えてたなあ」
 私 「あの姿、森田健作ではなく森田ケッサクやったわ」
 客H「因みに森田健作の歳はなんぼ?」
 私 「グーグルで森田健作をケンサクするわ」
 客H「健作と検索かいな」

 謎かけ:森田健作知事とかけて、豊田商事会長事件と解く。どちらも(視察・刺殺)しました
  1. 2019/11/20(水) 04:58:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プライド

 プライドの高かった女優の大原麗子は仕事を選んで仕事がなくなった。

 妻 「私やったら何でもするわ」
 私 「死にかけのお婆さん役か?」
 妻 「何でもすると言うても死にかけのお婆さん役は酷すぎるわ」
 私 「ほんだら女子高校生役?」
 妻 「極端すぎるわ。程よい役があるやろ」
 私 「ああ、家庭の主婦」
 妻 「そのままやん。まあエエわ。死にかけのお婆さんよりましやわ」
 私 「俺もどんな役でもするで」
 妻 「どんな役?」
 私 「二枚目役」
 妻 「厚かましい!私はお婆さん役を言うてアンタは二枚目役かいな。怒るよ」
 私 「まあ、そない怒りなや。ただの戯言(ザレゴト)やん」
 妻 「アンタはプライドが無いから地味な役でも出来るやん」
 私 「そうや、俺は性格が暗いからなあ」
 妻 「そこまで言うて無いやん」
 私 「俺は暗イド、プライド…」
 妻 「ダジャレが言いたかったんかいな。イマイチやなあ」
※戯言=冗談

 謎かけ:プライドとかけて、掃除をしたいない部屋と解く。どちらも(誇り・埃)があります
  1. 2019/11/19(火) 06:09:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種明かしシリーズ263 コインの消失&出現⑧

第263回目はコインを使ったマジック『コインの消失&出現⑧』です。まず、左手に汗が付いていると演じにくいのでオシボリで手を拭きます。そして右手に持った500円玉を左手に移して左手の甲をなぞります。そして揉んで“フッ”と息を吹きかけると500円玉が消えました。勿論、右手にもありません次に空中から500円玉を取って揉みそして、オシボリに向けて投げるとどうですか、オシボリの下から500円玉が出てきました。不思議ですね~。

☆YouTube⇒https://youtu.be/uBTlmopWuKo
  1. 2019/11/18(月) 05:46:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の客

 堺から西宮に引っ越しをして3年半になるD君が久しぶりに来た。

 客D「マスター、久しぶり」
 私 「えーっと誰やったかいな」
 客D「俺の事、覚えてくれてないんかいな」
 私 「見た目、キャラは濃いけど影が薄いから覚えてないわ」
 客D「DやD」
 私 「ああ、D君やろ。覚えてるで」
 客D「なんや、覚えてたんかいな」
 私 「ちょっと知らんふりをしただけや」
 客D「そんなギャグは要らんわ。それはそうと、マスターは元気やった?」
 私 「今の今まで元気やったけど、D君の顔を見て急に具合が悪なったわ」
 客D「なんでやねん!」
 私 「D君の調子はどうやったん?」
 客D「直腸ガンで今年の5月に手術してん」
 私 「直腸ガン?街のガンと違うのん?」
 客D「街のガンと違う!街のガンでは手術はせ~へん」
 私 「あれは警察が手術するんやったなあ」
 客D「それはそうと香織ちゃん、元気か?」
 私 「元気やで」
 客D「あの時、子供が出来る言うてたけどもう大きなってるやろな」
 私 「そうやなあ、2mかなあ」
 客D「なんで子供が2mもあるのん!僕が聞いてるのは身長と違う」
 私 「今年で3歳や」
 客D「男やったかな?」
 私 「オカマや」
 客D「また、しょうもない事を言うて」
 私 「オカマい無く」

 謎かけ:久々の客とかけて、倒産寸前の会社と解く。どちらも(回顧・解雇)をします
  1. 2019/11/17(日) 05:15:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑い

 S子さんが先日、姑の事で旦那さんと夫婦喧嘩をした時の話をした。
 S子さんが「私、あなたのお母さんとはやってけないっ!」と泣き叫んだら、旦那がまじめな顔で「俺はお前が大切だから、母親と絶倫してもいい」と言ったそうな。
 S子さんが「‥‥ぜつりん!?」と言い返したら、どうやら旦那さんは「絶縁」と言い間違えたようだ。
 さすがに雰囲気と言葉のギャップで笑ってしまい夫婦喧嘩が収まったとか。
 笑いは夫婦の仲たがいを緩和するんですね。私ももっと笑いを磨こう!

 謎かけ:笑いとかけて、夫婦茶碗2組と解く。どちらも(にこにこ・2個2個)ですわ
  1. 2019/11/16(土) 06:04:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビックリ仰天

 時々来店する50代のM子さんが若い女の子を連れて来た。

 私 「M子さんはいつも同級生と一緒やのに、今日は若い子を連れてきて珍しいね」
 M子「この子、Mちゃん。旦那は私とは再婚で、その娘やねん。前妻が引き取ったから一緒に住んでないねん」
 私 「旦那の娘って事は、M子さんとは親子やん」
 M子「この子は41歳、私との年の差は15歳やで。親子とは違うで」
 私 「ほんだら姉妹?」
 M子「姉妹やったら年が離れ過ぎやん」
 私 「帯(オビ)に長しタヌキに短かし、やなあ」
 M子「誰がタヌキやのん!」
 私 「あ、スマン。タスキやったわ。因みに2人の関係はどない言うたらエエんやろな」
 M子「ライバルや。旦那と一緒になった頃はこの子に養育費を払ってたので生活が苦しかってん」
 私 「それが何で一緒に飲みに来たん?」
 M子「この子が彼氏にフラれたからと、私に相談しにきてん」
 私 「たびたび連絡を取り合ってるんか?」
 M子「お正月に会うくらいよ。うちの息子にお年玉を持って来てくれるねん」
 私 「エエ子やん。息子さんは17歳やからお年玉はまだ貰えるなあ」
 M子「この子の事、昔は恨めしいと思ったけど、今は可愛い子やねん」
 私 「Mちゃんは堺の子か?」
 娘M「はい、堺です」
 私 「家はこの辺か?」
 娘M「いえ、少し遠いです」
 私 「出身中学校は何処?」
 娘M「大浜中学校」
 私 「ああ、大浜かいな。俺とこの娘は月州(ツキス)やわ。それでOちゃんの高校は?」
 娘M「片岡愛之助と同じ信太高校」
 私 「えっ、うちの娘と一緒や」
 娘M「ひょっとして瞳ちゃん?」
 私 「えっ、なんで知ってるのん?」
 娘M「同級生やってん」
 私 「あっ、そうか。瞳も生きてたら41歳や。へえ、同級生やったんや」
 娘M「学校ではよう一緒やってん」
 私 「ビックリやなあ、瞳と同級生の子がM子さんと親子とは…」
 M子「親子と違う。身内」
 私 「ああ、そうやったな」
 M子「それにしてもMちゃんとマスターとこの娘さんが同級生とは偶然もいいとこやね」
 私 「ホンマや、ビックリ仰天したわ。世間は狭いようで狭いね」
 M子「狭いようで狭いのは当たり前やん。世間は広いようで狭い、でしょ」
 私 「ちょっとしたギャグさ」
 この後、亡き娘の学校生活など、私の知らない事を色々と聞けた感動で胸が熱くなった。

 謎かけ:ビックリ仰天とかけて、バストと解く。どちらも(驚異・胸囲)です
  1. 2019/11/15(金) 05:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帽子

 Aさんが粋な帽子をかぶってきた。

 私 「ええやん。Aさんがハットをかぶるとはなあ。ハットしたわ」
 客A「俺かてハットぐらいかぶるわい」
 私 「とても1000円には見えへんわ」
 客A「怒るで。粋で通してる俺がそんな帽子なんか買えへんわ」
 私 「あ、そうか。100円ぐらい?」
 客A「何でやねん!よけい安う言うて。百均で帽子なんか買えへんわ!」
 私 「ボウシわけない。因みにホテルのレストランでは帽子は脱がなアカンで」
 客A「何でや?」
 私 「ハットだけに、マナー重視の店はご法度(ハット)や」
 客A「そんなこと、いちいち言われんでも分かってるわ」
 私 「いや、帽子でのマナー違反をボウシ(防止)する為のアドバイスや」
 客A「ダジャレばっかりやなあ」
 私 「ダジャレ、3回以上達成したな。これがホンマのハットトリックや」
 客A「うん、これはうまい!」

 謎かけ:帽子とかけて、アフガニスタンの首都と解く。どちらも(かぶ~る・カブール)でしょう
  1. 2019/11/14(木) 06:12:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

推理小説

 Kさんは推理小説が好きなので、その話題が出た。

 私 「誰の作品が好き?」
 客K「色々いてるけど、推理小説で最初の読んだのが江戸川乱歩の明智小五郎シリーズやね」
 私 「ああ、少年探偵団とか怪人二十面相とか読んだ事があるわ」
 客K「ペンネームの江戸川乱歩はアメリカの小説家のエドガー・ポーをもじったんや」
 私 「ああ、知ってる。芸人で益田喜頓はバスター・キートン、谷啓はダニー・ケイをもじったみたいにな」
 客K「エドガー・ランポーは犯人を探す作風でアガサクリスティは犯人が分かってて追い詰めていくみたいな作風やねん」 
 私 「さすが、推理小説が得意だけあって詳しいね」
 客K「テレビで初めて見たのは刑事コロンボ。これもは冒頭で犯人が明かされるという、斬新な手法で描かれてたなあ」
 私 「俺は松本清張の砂の器をテレビで見てから、推理小説にハマって本も読む様になってん」
 客K「松本清張は社会派推理小説のはしりやね」
 私 「社会派推理小説を読んでると思慮が深なったわ。言わば俺は清張で成長してん」
 客K「ホンマかいな」

 謎かけ:推理小説とかけて、結婚と解く。どちらも(仮定・家庭)が大切です
  1. 2019/11/12(火) 05:50:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種明かしシリーズ262 消える爪楊

 第262回目は爪楊枝を使ったマジック『消える爪楊枝』です。本来、爪楊枝は歯の掃除をする為に使いますが、今回はこの左手の中で消します。爪楊枝を左手の中に入れて揉むと一瞬にして消えて無くなります。この不思議な現象は?…。見てのお楽しみです。

☆YouTube⇒https://youtu.be/ecRrD08oCHM
  1. 2019/11/11(月) 06:22:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣り

 Y子ちゃんが父親と婿のM君を連れて来た。

 私 「大体、娘はよく親元へ帰る。婿さんは気を遣うから嫌やろな」
 客Y「そんなこと、無いよ。旦那が私の実家に行きたがるねん」
 私 「へえ、珍しいね」
 客Y「父と趣味が合うからよ」
 私 「どんな趣味?」
 客Y「どっちも釣りが好きやねん」
 私 「岡釣り?」
 客M「な、なんてことを言う。普通の釣りですよ」
 私 「俺は釣りは苦手や」
 客M「どうしてですか?」
 私 「どうしても桃の節句になるねん」
 客M「桃の節句?」
 私 「ひまなつり」
 客Y「それって、暇な釣りではなく、ひなまつり、でしょ」
 私 「俺は釣りは苦手やけど、商売柄、釣りはぎょうさんあるで」
 客Y「ああ、釣り銭ね」

 謎かけ:釣りとかけて、レンタルビデオの延滞と解く。どちらも(釣果・超過)が気になります
  1. 2019/11/10(日) 07:15:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニッカポッカ

 鳶職人のSさんが来た。

 私 「鳶職やったらみんなニッカポッカを穿いてるやろ」
 客S「そうやね」
 私 「素人からみたら鳶職の制服やな。何であんなダボっとした形してるのん?」
 客S「あのデザイン、実は機能性が優れてるねん」
 私 「どんな風に?」
 客S「脚を動かしやすい、汗をかいても蒸れにくい、ひだが障害物に触れる事で危険を感知、回避する為のセンサーになるねん」
 私 「へえ、あのひだひだが邪魔になれへんかと思てたけど、そんな機能性があったんかいな」
 客S「それにひだの揺れ具合で風の強さを測るバロメータにもなるねん」
 私 「ほう、色々と役に立つんやなあ。俺も店で穿こかな」
 客S「マスターはいらんやん。ニッカポッカは高所作業をする鳶にとって安全対策の1つやん」
 私 「ああ、そうか。穿きたかったけど残念無念、三年四年」
 客S「訳の分からん事を言うてるわ」

 謎かけ:ニッカポッカの長所とかけて、明確な根拠がないのに自分だけが感じると解く。どちらも(機能性・気のせい)です
  1. 2019/11/09(土) 05:44:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

娘の結婚式

 J子さんは若い頃にはかなり遊んでいたとか。あまりの遊び好きに手を焼いていたお父さんが彼女の結婚式の時に「ふつつかな娘ですが…」と言うところを「ふしだらな娘ですが…」と、つい口をすべらせてしまったとか。
 そう言えば、私が若くして仲人をした時に、新婦の父親が「ふつつかな娘ですが…」と言われた時に、「本当ですね」と返答してしまった。 横にいた妻は「笑いをこらえながら固まってしもたわ」と言われた事があった。
 ※ふつつか= 気のきかないさま。行きとどかないさま。不調法。

 謎かけ:娘の結婚式とかけて、店の売り上げと解く。どちらも(ケーキ・景気)は欠かせません
  1. 2019/11/08(金) 06:38:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白内障

 H子さんが最近付き合いだしたKさんと来店。

 私 「H子さん、久しぶりやね。どないしてたん?」
 客H「白内障の手術をしてん。片目ずつしたから暫く出て来られなかってん」
 私 「この間までそんな事を言うてなかったのに何で?」
 客H「視力が急に0.2になって見づらくなったから眼医者さんに行ったら白内障と診断されてん」
 私 「へえ、視力が0.2?その時にKさん、H子さんと知り合(オ)うて良かったね」
 客K「ホンマやなあ、H子さんが視力が良かったら俺と付き合(オ)うてなかったかもな」
 客H「Kさんて謙虚ね。そんなところが好きやねん」
 私 「見せかけの謙虚やったら検挙されるで」
 客K「そんなことありませんよ」
 客H「誰に検挙されるのん?」
 私 「検挙は県教育委員会」
 客H「そのダジャレ、ちょっと無理があるね」
 私 「白内障のH子さんに冷たくあしらわれると俺、ハカナイ、しょ」
 客K「マスター、ダジャレばっかりやなあ」

 謎かけ:白内障とかけて、ロールスロイスとベントレーと解く。どちらも(眼医者に通う・名車似かよう)でしょう
  1. 2019/11/07(木) 05:36:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光りモン

 Y子さんは大阪湾水上芸術花火大会に行ってきたとか。

 私 「日曜日は何してたん?」
 客Y「舞洲(マイシマ)の太陽の広場の花火大会」
 私 「え~、今頃花火大会があるのん?
 客Y「クィーン名曲に合わせて打ち上がるスペシャルな花火大会やねん」
 私 「Yこさんはクィーンが好きやもんなあ」
 客Y「良かったで。来週の日曜日は御堂筋イルミネーションに行くねん」
 私 「花火にプロジェクションマッピングにイルミネーションにルミナリエ、Y子さんは光りもんが好きやなあ」
 客Y「そうやで」
 私 「それでG君と付き合(オ)うてるんやなあ」
 客Y「どういう事?」
 私 「頭が光りモンやん」
 客Y「ハゲてるてこと?それじゃマスターはもっと好きやで」
 私 「という事は俺の頭はG君以上にハゲてるてことかいな」
 客Y「中途半端にハゲんと一層の事、ツルツルに剃ったら?」
 私 「そうか、今の俺は中途半端やから仮りモンの光りモンやなあ」

 謎かけ:光りモンとかけて、米国製の高性能スピーカーと解く。どちらも(坊主・Bose)です
  1. 2019/11/06(水) 05:59:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種明かしシリーズ261  簡単ハンカチマジック④

 第261回目は2枚のハンカチを使ったマジック『簡単ハンカチマジック④』です。
 使うのはハンカチとボールペンです。まずボールペンにハンカチを被せます。そしてボールペンにマジナイを掛けます。次にボールペンを押すと、ボールペンがハンカチを突き破ります。そしてハンカチに開いた穴の部分にマジナイを掛けると、な、なんと!穴が塞がります。

☆YouTube⇒https://youtu.be/_qle01VxCLE
  1. 2019/11/04(月) 06:32:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼女が欲しい

 バツイチで50代のM君が口癖のように彼女が欲しいと訴える。

 ママ「何で彼女が出けへんのやろね」
 客E 「出会う機会が無いねん」
 私 「機会は自分で作らなアカン」
 客E 「自分で?」
 私 「例えばSNSで友達を増やして、そこからアタックするとか」
 客E 「SNSで?例えば?」
 私 「mixiとかに入ってコミュニティ自ら立ち上げて仲間を募るねん」
 ママ「どんなコミュニティがエエのん?」
 私 「M君の趣味は釣りやから、釣りのコミュニティを立ち上げたらエエねん」
 ママ「今、女性でも釣りが好きな人が多いしね」
 客E 「ああ、共通の趣味やったら会話も盛り上がるなあ」
 私 「それでオフ会を開催して、気に入った女性を見つけたらエエねん」
 客E 「何を喋ってエエか分かれへんわ」
 私 「M君は釣りが得意やろ。クジラの釣り方とか教えたら喜ぶで」
 客E 「クジラの釣り方は知らんわ」
 私 「ほんだら女の釣り方とか…」
 客E 「もっと知らん。それに女の釣り方を知ってたら苦労はせえへんわ」
 ママ「そうや、わざわざmixiに入ってコミュニティを立ち上げることがあれへんやん」
 客E 「そんなややこしいのんはエエわ。この際、年上でもエエから誰か紹介してや」 
 私 「楚歌まで言うんやったら、独身の女性を紹介しょうか」
 客E 「誰?」
 私 「俺とこの母親や。父親に死に別れてから独身やで」
 客E 「なんぼ年上がエエ言うても年が行き過ぎや!」
 ママ「その前に、もう亡くなっていてないやん」
 私 「ああ、そうやったなあ」
 ママ「これではマスターには頼まれへんなあ」
 私 「母親が自分の事は自分で、と言うてた。彼女は自分で探しなさい」
 ママ「頼む相手が間違(ミチゴ)うてたわ」

 謎かけ:彼女が欲しいとかけて、問い合わせて確かめると解く。どちらも(紹介・照会)もあります
  1. 2019/11/03(日) 05:20:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慕嬢詩 『夢のかけら』

過ぎゆく日々、薄れゆく記憶
15年前の出来事だけは忘られぬ
君との永(エイ)の別れから幾星霜(イクセイソウ)
すっかり落ち込んでいた絶望の日々
悲しみの淵に立たされ苦しむ中で
愛し君の笑顔だけを胸にいだき
いつか会える日を夢にずっと生きてきた
節目のお祝い、誕生日や成人式
「ありがとう」の君の声、耳を離れない
木の葉が日ごとに色づいて
秋の木漏れ日は柔らかく包む
降り注ぐ光が明日を照らしてくれ
キラキラとした夢のかけら、内に秘める


深まりゆく秋の日曜日
30年ぶりに小さな町を訪れた
君が生まれ育った思い出の町 
すっかり変わってしまった通りや街並み
時の流れを感じさせる洒落(シャレ)た家並み
道角のタバコ屋だけが昔のまま
だけど看板娘は今はもう居ない
近くの公園のブランコや滑り台
いつか遊んだ娘は今はもう居ない
木の葉がひらひらささめいて
風に舞いながら地面を埋めていく
思い出の景色がセピア色に染まりゆき
遠い昔の夢のかけら、色が褪せる

※幾星霜=苦労を経た上での、長い年月。
※慕嬢詩(ボジョウシ)=亡くした娘を慕う気持を綴った詩・文。私の創作語。
  1. 2019/11/02(土) 06:04:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0