FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

立てる

 約8年ぶりに年輩のTさんが来た。

 私 「うわあ、久しぶりですね、まだ生きてたん?」
 客T「まだまだくたばる年と違うで」
 私 「何歳になったん?」
 客T「え~と…」
 私 「干支は?」
 客T「午(ウマ)や」
 私 「ということは、昭和29年が午やからその上。あ、昭和5年で86歳!」
 客T「行きすぎや。俺は昭和17年の午や」
 私 「ということは、74歳や」
 ママ「へえ、74歳?とても74歳には見えへんわ」
 私 「そうそう、俺もそう思た。78歳かなあ、思た」
 ママ「年を多めに言うてどうするのん!Tさんに失礼やん」
 客T「ママは優しいね。いつ見ても可愛いねえ」
 私 「孫みたいなもんやろ」
 ママ「10歳ぐらいしか変われへんのに、孫は無いわ」
 客T「そうやで、マスター、ええ加減にせえや」
 ママ「マスター、お客さんを立てんなアカンがな」
 私 「しやけど、68歳の俺が立てへんのに74歳のTさんは立つはずがないやろ」
 ママ「その立てると違う。年長者を尊重する意味の立てるや」
 私 「Tさん、ご機嫌麗しゅうございます。相変わらずお若くてダンディですね」
 ママ「もう遅いわ!」

 一句:年長者 立てて労を ねぎらおう
 謎かけ:立てるとかけて、村で一番のエライさんをすると解く。どちらも(尊重・村長)します
スポンサーサイト
  1. 2016/07/17(日) 06:20:49|
  2. おとぼけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<種明かしシリーズ89 漏れない水 | ホーム | セクシー・ユー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakainooyaji.blog.fc2.com/tb.php/1557-2ad7ef51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)