FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を謎かけを添えて書きます。

半眼半口(ハンガンハンク)

 今日来たお客Sさんのお母さんは、今年の6月に102歳で亡くなられた。
 病気も無く73歳まで働き年金も多かったので、設備が整った有料老人ホームに入所した。
 頭はしっかりして内臓は丈夫だが、腰を痛めてからみんなに迷惑をかけてはいけないと老人ホームに入所。子供には精神的負担と金銭的負担をかけることは無く、本当に子供孝行な母親だったとか。
 亡くなる前日に見舞いに行くとSさんの顔を見て「お前、しんどかったら直ぐに病院に行きや」と言ったそうだ。その時Sさんは喘息気味だった。お母さんが彼の顔を見て息子の体調を見抜くとは、さすが母親だなあと感心した。
 最期の日にSさんが見舞いに行った時、少しトイレに行って戻ってきたら息を引きとったとか。お母さんは半眼半口の成仏の相で大往生。「毎日、仏壇に手を合わせて拝んでた証明やった」とSさんは懐かしみながらしみじみと語った。
 ※半眼半口とは眠っているかの様に眼と口がやや開いた状態で、表情は成仏した穏やかな顔と言われてる。

 一句:安らかな 半眼半口 仏の顔
 謎かけ:半眼半口とかけて、支社長と解く。どちらも(死者・支社)の顔です
スポンサーサイト



  1. 2013/08/31(土) 05:00:59|
  2. 追悼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クラブに… | ホーム | 叔父の葬儀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakainooyaji.blog.fc2.com/tb.php/503-f3c67bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)