FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を謎かけを添えて書きます。

トオルさん判明

 午前0時半にお客さんが途切れ暇を持て余していたら1時にN君が10日ぶりに来た。彼は当店に来だして25年になるが、先日、25年間で初めてボトル・キープしたのでそれを出した。

 客N 「これ、誰のん?」
 ママ「N君のんやで。この間、キープしたやん」
 客N 「ホンマか?あの時、2000円しか無かったからキープしてないで」
 私 「いや、キープしたで。酔うてたから忘れたんや」
 客N 「本当はこの間、花をやったから返しで呉れたんと違うの?」
 ママ「えーっ、娘の命日にトオルの名前で花束を呉れたんはN君やったん?有難う」
 客N 「あれ、俺て分からんかったか?」
 私 「誰か分からんからずっと悩んでてん。お蔭で髪の毛が10本抜けたわ」
 客N 「髪の毛が少ないのんは前からやん。俺が花を贈ってん」
 ママ「まさかN君がくれるとは思えへんかったわ」
 客N 「トオル、言うたら俺て思い浮かべへんか?」
 私 「知り合いでトオル言う名前は3人いてるけど、娘の命日を知ってるのは俺とこの甥だけや」
 ママ「しやけど、マスターの甥っ子と違うかってん」
 客N 「トオルて書いてたら真っ先に俺を思い出すと思たけどな」
 私 「真っ先にN君が浮かんだけど、お金にコマかいし花を贈る様な粋な事をすると思えへんから消去法で最初に消したわ」
 客N 「最初に消したんかいな」
 私 「ナンボ考えても、N君には辿り着けへんかったわ」
 ママ「苗字を書いてくれてたら、直ぐに分かったのにね」
 客N 「トオルではアカンか」
 私 「何を言うとおる。トオルでトオル(通用する)思たんかいな。俺は長いこと生きてるから知人でトオルは3人ぐらいはいてるわ」
 ママ「因みに何で娘の命日を知ったん?」
 客N 「フェースブックに娘さんの事を書いてたからや」
 私 「ああ、フェースブックかいな。そこまで気が付かんかったわ」
 ママ「N君にしたら、お礼のメールが無いから変やなと思たんやろ?」
 客N 「そうや。俺が花を持って来た時に向かいのママがいてたから、ドアの前に置いて帰った後で花を盗ったんかなあ思たわ」
 ママ「面白い事を言うなあ。ご近所さんがそんな事するかいな」
 私 「とにかく、よう来てくれた。トオル君が判明してスッキリしたわ」

 一句:花束の 送り主知り 感謝する
 謎かけ:トオルさん判明とかけて、姉や妹の漢字と解く。どちらも(発覚・8角)です
  1. 2014/08/09(土) 05:30:15|
  2. ありがたい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とおるさん

 今日、店に出勤すると店のドアノブに豪華な花束が掛けられていた。
 「誰からやろ?」と思いながらラッピング用紙の中を見ると、『hitomiさんへ とおるより』とのカードがあった。
 2階の自宅に戻り、その花束を妻に見せると「瞳ちゃんの命日を10年も経ってもまだ覚えてくれて、奇特な人やネ」と感心。
 妻「それにしても、“とおる”て一体誰やろネ?」
 私「俺の甥っ子の“とおる”かなあ?」
 妻「でも家は車で2時間以上のところやから、遠くて来るはずはないで」
 私「一応電話で確認してみるわ」と問い合わせるも、長い間、堺には来てないとか。
 知り合いの中で他に2人“とおる”君がいるが、娘とは縁がないので命日を知らない。
 妻「時々、墓参りをしてくれている人かなあ」
 私「名前ばっかり考えてるけど、苗字かも?」
 妻「そんな苗字、あるか?」
 私「融紅鸞(トオル・コウラン)!昔、ラジオの人生相談をしてたやん」
 妻「あれは芸名やん」
 私「そうか、苗字も違うか?一体誰やろなあ」
 妻「真夏のミステリーやね」
 私「ミステリーて、テリー伊藤の娘さん?」
 妻「何よ、それ?」
 私「Ms.テリー」
 妻「テリー伊藤の娘やったらMs.伊藤やんか」
 私「あ、そうか。ちょっと、ミスったりー」
 妻「真剣に悩んでるのに冗談ばっかり言うて、しまいに怒るわよ!」
 私「あ~怖っ!真夏のヒステリーや」

 オリエンタル・リリーとヒマワリの豪華な花束を下さいました、とおるさん、有難うございます。差支えが無ければご連絡ください。お礼をしたいと思います。
  1. 2014/08/02(土) 07:16:36|
  2. ありがたい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wダメ元

 金曜日に堺の高島屋に行ったついでに6階にあるユニクロでスラックスを買った。
 帰宅後、妻が「いっぺん穿いてみて」と言ったのでそのズボンを穿くと裾が少し短かった。
 裾合わせの時に私は「OK」を出したのだが、縫い子が思っていたより多い目に裾を上げたみたいだ。折り返しを見ると縫い代が少なかったので「やり直しが無理かな」と思った。しかしダメ元で日曜日にユニクロへ持って行くことにたった。
 そして今日、ユニクロに行く前に高島屋地下のレストランでスラックスの入った袋の中を見ると入れていたはずのレシートが入ってい無かった。
 妻は「レシートが無かったらアカンで」と言うが、「ここまで来たんやからアカンかって元々や。とにかく行くわ」とWダメ元でユニクロに行った。
 従業員は縫い代を見て「裾を戻すのは無理ですね」と言った。「やっぱりアカンか」と妻と顔を見合わせたが、「ちょっと待って下さい」とカーテンの奥に入って行った。
 そして「裾直しはダメですので新しいの商品に取り替えます」と言った。「そんなん悪いわ」と妻が言ったが「大丈夫ですよ」と従業員。
 次にレシートの提示を求められたが忘れた事を言うと、住所・氏名、買った日の日時を書き、証明する物(免許証)を提示すると新しいスラックスと替えてくれた。
 「普通の店やったら代えてくれへんで」「やっぱり大きい会社は違うなあ」と二人で感心した。

 一句:諦めぬ Wダメ元 功奏す
 謎かけ:ダメ元とかけて、自分の将来像を思い描くと解く。どちらも(功奏する・構想する)こともある
  1. 2013/08/05(月) 05:08:25|
  2. ありがたい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

娘の友達

 土曜日、娘の友達Mちゃんから「明日、Rちゃんと一緒に瞳ちゃんのお墓参りに行くので、その足でお宅にうかがって仏壇にも手を合わせたいのですが…」との電話があった。
 日曜日は以前からの予定があったので留守をする旨を伝えたものの、彼女達に会えないのがとても残念に思った。
 というのは、娘を亡くして8年にもなるが、彼女達は毎年お盆の前後に遠路はるばる娘の仏壇と墓のお参りに来てくれる。そして彼女達と娘との昔話や世間話など色々と会話をするのを楽しみにしていたからだ。
 彼女達と会話をしていると娘も会話の中に居る様な気分に浸れるのだが、やがて彼女達も結婚をする様になれば来られなくなる。だから、会える時に会いたかった。
 彼女達以外にも時々娘のお墓に新しい花が添えられている事がある。いつまでも娘を思ってくれる娘の友達に心から感謝している。

 一句:いつまでも 娘を思う 友に感謝
 謎かけ:娘の友達とかけて、延長戦にもつれ込んだフェンシングの試合と解く。どちらも長く(付き合う・突き合う)でしょう
  1. 2012/08/27(月) 03:55:38|
  2. ありがたい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ