FC2ブログ

ciciありむらのおとぼけ日記

好奇心旺盛なオジンがスナックでの『お店ばなし』や日常の出来事を川柳を添えて書きます。

不惑の歳

 先日、娘の元同級生のR子ちゃんが瞳の仏壇に手を合わせに来た。彼女は毎年、お盆に来てくれるのだが今年は用事があり1か月遅れになったとか。
 「いつも有り難うね」
 「いえいえ」
 「ところでR子ちゃんはいくつになったん?」
 「40歳です」
 「へえ、もう40なんや。いつ見ても若いから40には見えへんわ」
 「もう40歳よ。瞳も生きてたら40歳やね」
 そうそう、瞳は9月13日が誕生日なので40歳になったばかりだ。
 40歳と言えば不惑の歳。孔子は『40にして惑わず』と言うが、私は70歳になっても惑っている。
 今の飲食業をこれから先も続けたいが、足と腰に痛みを感じる日々で、立ち仕事ゆえに続けようかどうか惑っている。
 それと、開業して39年になるが私の加齢と共に客層も高年齢化、諸般の事情で徐々に減ってきてかなり暇になった。
 「値段を下げよか」と妻に言えば「下げてもお客さんが増えるとは限れへん。それで売り上げが落ちたら最悪やで」
 確かに一理ある。
 年寄り夫婦がカウンターの中に立っていても若い人達は来る事はない。
 もし、瞳が生きていて手伝ってもらえば、若い客層も増えて活気を取り戻せるのだが。
 瞳が40歳だと孫もいる事だろう。
 「孫は老夫婦が見て、時々私は店に出る」
 こんな夢も叶わない。
 痛む足と腰をさすりながら、値段を下げるべきか、店を続けるべきか、70にして惑う。
  1. 2018/09/16(日) 06:40:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会い系

 Aさんが9日に逢った出会い系の女の子が気に入ったので、13日に会う約束していた。

 私 「13日、出会い系の女の子と会(オ)うたんか?」
 客A「いや、別れてから出会い系サイトを見たら、直ぐに次の客を募集してたので醒めてしもてん」
 私 「Aさんの事、よっぽど下手やったんと違うか」
 客A「違う、上手や言うてたで」
 私 「それは商売で言うてるんや」
 客A「あ、そうやろな。そない言うてぎょうさんの客をとってるんやろな」
 「1日に何人ぐらい客をとってるんやろな?」
 客A「あのペースやったら1日に4、5人ぐらいと違うか」
 私 「その女の子、お金を貯めてるんと違うか?どれぐらいの稼ぎになるのん?」
 客A「1日4人として、4人×15000円として60000円」
 私 「ほんだら30日働いたら1800000円」
 客A「1か月、まるまる働けへんやろ」
 私 「半分にしても約900000円。凄いなあ、俺もしよかなあ」
 客A「誰がオッサンにお金を出すねん!誰も相手にせーへんわ」
 私 「そうか…」
 客A「そうか、て当たり前やがな」

 謎かけ:出会い系とかけて、カップヌードルと解く。どちらも(ネット・熱湯)を利用します
  1. 2018/09/15(土) 05:52:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マッカラン

 M君が知り合いに連れて行った店でマッカランと言うウイスキーをキープしたとか。

 私 「キープ、なんぼしたん?」
 客M「15000円」
 私 「15000円!高いなあ、マッカランか言うてまけてもらえへんかったん?」
 客M「女の子がいてたから、値切れへんかった」
 私 「味は?」
 客M「分からん」
 私 「マッカランだけにマッカランやな」
 客M「ホンマやなあ」
 私 「バーボンか?」
 客M「スコッチや」
 私 「ほんだら、いっぺんに飲んだらアカンで」
 客M「何で?」
 私 「スコッチだけにスコッチずつ」
 客M「ダジャレかいな」

 謎かけ:マッカランとかけて、塾で大学受験の勉強と解く。どちらも(熟成・塾生)してます
  1. 2018/09/14(金) 06:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出来た嫁

 Aさんが別れた奥さんの自慢話をしだした。

 客A「別れた嫁、料理は上手やし、辛抱強うて、エエ嫁やったわ」
 私 「どんなトコが辛抱強いのん?」
 客A「俺が家に帰るまで、ご飯を食べんと待ってるねん」
 私 「何時でも?」 
 客A「夜中の2時でもや」
 私 「ほんだら1週間、家に帰れへんかったら、奥さん、餓死してるなあ」
 客A「そないなったら何かを食べてるやろ」
 私 「どれぐらい一緒に住んでたん?」
 客A「1年間一緒に住んだ」
 私 「たった1年かいな。全然、辛抱強い事あれへんがな」

 謎かけ:出来た嫁とかけて、サンコンさんの視力は?と解く。どちらも(イイ嫁・イイよ目)です
  1. 2018/09/12(水) 05:20:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敬老祝品

 私 「もうすぐ敬老の日やなあ。M君、何か祝ってもらうんか?」
 客M「何でやの!俺、50歳やで。敬老の日は関係ないわ」
 私 「五十路(イソジ)だけに、磯じまんとか…」
 客K「そんなん、無いわ」
 客M「昔、堺では100歳になったら100万円くれてたで」
 客K「100万円も!ホンマかいな」
 客M「ホンマやで。俺とこのお婆ちゃんのお兄さんが100万円もろたで」
 私 「なんぼかくれるのは知ってたけど100万円もくれるとは知らんかったわ」
 客K「俺も100万円は知らんかったわ。何年前の話?」
 私 「60年前か?」
 客M「何でやのん、俺、50歳やで」
 私 「あ、そうやったな」
 客M「十数年前は秋田市など21市町で100歳の長寿祝金は100万円をやっててん」
 私 「今でも100万円くれる所があるかなあ?あったらそっちに引っ越したいわ」
 客K「今は100万円くれる所は無いで。せいぜい3万円と銀杯やで」
 私 「銀蠅?♪ツッパリ High School Rock'n Roll~」
 客K「横浜銀蠅と違う!銀杯、銀色の杯や」
 客M「その銀杯も今は銀メッキやで」
 私 「メッキかいな。100歳が増えてメッキり財政難になったんやなあ」
 客M「もう勘定して、けいろう(帰ろ)かな~」
 私 「敬老とけいろうを掛けたんかいな。イマイチやなあ」
 客M「マスターに言われたないわ!」

 謎かけ:敬老祝品とかけて、数珠と解く。どちらも(記念・祈念)の品です
  1. 2018/09/11(火) 06:22:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ